映画「プリースト 悪魔を葬る者」モバイルゲーム化決定…日本語も今後対応予定

写真拡大

「プリースト 悪魔を葬る者」が韓国映画としては初めてモバイルゲームとして発売される。

前例のない新しい試み、新鮮なジャンルと題材で好評を得た映画「プリースト 悪魔を葬る者」が、韓国映画としては初めて映画コンテンツに基づくモバイルゲームの発売を確定した。

「プリースト 悪魔を葬る者」は、危険に晒された少女を救うために、ミステリアスな事件に立ち向かう2人の司祭たちのストーリーを描く映画だ。

5月10日発売予定の「プリースト:退魔令」は、モバイル退魔アドベンチャージャンルのゲームで、拡張現実(AR) コンテンツを登載し、まるでゲームの中で映画を見ているような臨場感と共に、ゲームユーザーの選択によって新しいストーリーが展開される方式となっている。

映画の本編から拡張された新しいストーリーをゲームを通じて出会えるのはもちろん、さまざまな過程と結末を選択できるものと期待を高めている「プリースト:退魔令」は、韓国を始めグローバルで同時配信される予定であり、韓国語と英語、日本語まで対応する予定だ。

映画とゲームの完璧なコラボで、ゲームを遊びながら同時に映画を見ているような楽しさを与える「プリースト:退魔令」モバイルゲームは、ストーリーのほかにも実写キャラクターイメージカードの収集から、拡張現実退魔カメラ、ユーザー間ランキングシステムなど、多彩な方法で特別な体験を提供する見込みだ。