4/29(土)より、京都にて「技を極める−ヴァン クリーフ & アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」開催

写真拡大

京都国立近代美術館(京都・岡崎公園)にて、2017年4月29日(土)〜8月6日(日)までの期間、独自のスタイルと優れた技術で知られる「ヴァン クリーフ & アーペル(Van Cleef & Arpels )」のハイジュエリーと京都の伝統工芸を対比した日仏の熟練技術の粋を紹介する「技を極める−ヴァン クリーフ & アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」を開催します。

本展覧会は「技を極める」という点に着目し、日本とフランスの熟練の技の対比と融合により構成しています。ヴァン クリーフ & アーペルの美しい宝飾やデザインの変容とあわせて、超絶技巧が集約された明治・大正期の日本の工芸作品を展示し、日仏の技を対比させます。建築家 藤本壮介氏の設計による会場には、「文化の融合と未来」をテーマに、本展のための特別出品として人間国宝(重要無形文化財保持者)によるコラボレーション作品も展示します。左から、京都国立近代美術館 館長 柳原正樹氏、ヴァン クリーフ & アーペル プレジデント兼CEO ニコラ・ボス氏、重要無形文化財 友禅 保持者 森口邦彦氏、建築家 藤本壮介氏、京都国立近代美術館 学芸課長 松原龍一氏

<開催に際するメッセージ>
“ヴァン クリーフ & アーペルのアートピースを美術館で展示する機会は、1ヶ国1都市1美術館のみ。昨年はシンガポールのアート科学博物館で展示され、今回が京都での開催となります。この機会にフランスのハイジュエリーと日本の超絶技巧を対比させた両国の技の共演をお楽しみいただきたいと思います。” 京都国立近代美術館 学芸課長 松原龍一

“技を極めるということは、目的ではなく、手段であると考えています。我々がイメージするものを作り出すために技を極めるのです。今回の展覧会は、日本とフランス、京都とパリが新しい関係を築く一つの機会であると思います。ヴァン クリーフ & アーペルの作品と私の作品が融合することで、何が生まれるのか期待させてくれるところが面白く、日本とフランスの新しい関係につながっていくのではないかと考えます。” 重要無形文化財 友禅 保持者 森口邦彦

主催:京都国立近代美術館、日本経済新聞社、京都新聞
会場:京都国立近代美術館(京都・岡崎公園)
会期:2017年4月29日(土)〜 8月6日(日)
開館時間:午前9時30分〜午後5時、金曜日は午後8時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日 臨時休館あり
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:ヴァン クリーフ & アーペル

期間中に京都を訪れる予定のある方は、ぜひ京都国立近代美術館にてヴァン クリーフ & アーペルの優れたクリエーションをご堪能ください。

マイナビウエディングプレミアムジュエリーでは、エステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフの結婚から誕生したメゾン「ヴァン クリーフ & アーペル」のロマンティックなブランドストーリーや婚約指輪、結婚指輪掲載中です。花や鳥、蝶など自然をモチーフにしたフェミニンなデザインと芸術性の高いジュエリーをお楽しみください。