ジェーン・バーキン、最新作『シンフォニック・バーキン&ゲンズブール』を日本のオーケストラと再現

写真拡大

 フランスを中心に世界で活躍する歌手・女優のジェーン・バーキンが2017年8月19日に東京・Bunkamuraオーチャードホールでコンサートを行うことが決定した。

 4月26日に発売する最新アルバム『シンフォニック・バーキン&ゲンズブール』を日本のオーケストラとステージで再現する一夜限りのプレミアムなコンサートとなっている。

 既に今作がリリースされているフランスでは、4月11、12日にパリのMaison de la radio - Auditoriumで『シンフォニック・バーキン&ゲンズブール』のオーケストラ編曲、ピアニストを担当する中島ノブユキと共にお披露目コンサートを行い、大成功させているジェーン・バーキン。今回、約4年半ぶりとなる来日公演で、東京フィルハーモニー交響楽団とのステージを日本のオーディエンスの前で初披露する予定だ。

 フランスの偉大な作曲家、セルジュ・ゲンズブールの楽曲をオーケストラ・アレンジでカヴァーした『シンフォニック・バーキン&ゲンズブール』は、東日本大震災直後、ジェーンが来日した際に出会った中島ノブユキと共に作り上げた作品となっており、ジェーン・バーキンはインタビューで(「このアルバムに対し、天国のセルジュはどういう言葉をくれると思いますか」という質問に対して) 「泣いたと思います、絶対に。感動して。セルジュが生きていたら、ノブのような作曲家がこうして人生の一部を捧げてくれたことに喜ぶのではないかしら。心打たれるに違いありません。」と語っている。

 本作には、1999年放送のテレビドラマ『美しい人』(野島伸司脚本/田村正和主演)に主題歌として起用された「無造作紳士」を始めとするゲンズブールの楽曲が全21曲収録される。


◎アルバム トレイラー映像
https://youtu.be/qSZL14UpF40

◎公演情報
日仏交流コンサート AVEC 第6回
JANE BIRKIN Birkin - Gainsbourg The Symphonic
ジェーン・バーキン ゲンズブール・シンフォニック
2017年8月19日(土)開場 17:00 / 開演 18:00
Bunkamura オーチャードホール
出演:ジェーン・バーキン
指揮:栗田博文
演奏: 東京フィルハーモニー交響楽団
チケット(全席指定・税込): S席 25,500円 / A席 13,500円 / B席 11,500円
※S席には最新アルバム『シンフォニック・バーキン&ゲンズブール』付予定
INFO: http://janebirkin-japantour.com

◎『シンフォニック・バーキン&ゲンズブール』トラックリスト
01. LOST SONG / ロスト・ソング
02. DEPRESSION AU DESSUS DU JARDIN / 公園を通りすぎる憂鬱
03. BABY ALONE IN BABYLONE / バビロンの妖精
04. PHYSIQUE ET SANS ISSUE / 終わりのない愛
05. CES PETITS RIENS / ほんのささいなこと
06. L'AQUOIBONISTE / 無造作紳士 ※ドラマ『美しい人』主題歌
07. VALSE DE MELODY / メロディーのワルツ
08. FUIR LE BONHEUR DE PEUR QU'IL NE SE SAUVE / しあわせは逃げていく
09. REQUIEM POUR UN CON / 馬鹿者のためのレクイエム
10. UNE CHOSE ENTRE AUTRES / 別離の唄
11. AMOURS DES FEINTES / いつわりの愛
12. EXERCICE EN FORME DE Z / Zによる問題集
13. MANON / マノン
14. LA CHANSON DE PREVERT / プレヴェールに捧ぐ
15. LES DESSOUS CHICS / シックな下着
16. L'AMOUR DE MOI / ラムール・ドゥ・モワ
17. PULL MARINE /マリン・ブルーの瞳
18. LA GADOUE / ぬかるみ
19. JANE B /ジェーンB.
20. L'ANAMOUR / ラ・ナムール
21. LA JAVANAISE / ラ・ジャヴァネーズ

◎リリース情報
『シンフォニック・バーキン&ゲンズブール』
ジェーン・バーキン
2017/4/26 RELEASE

Photo: Nico Bustos