『ブラインドスポット<ファースト・シーズン>』

写真拡大

『ARROW / アロー』『THE FLASH / フラッシュ』『SUPERGIRL / スーパーガール』といったDCドラマを手掛けるグレッグ・バーランティが贈る、全米ナンバー1ヒットのクライムサスペンス『ブラインドスポット<ファースト・シーズン>』。突如現れた、全身をタトゥーで覆われ記憶を失った身元不明女性と、FBI捜査官がともに様々な事件を解決していくという設定の同作で、サリヴァン・ステイプルトン(カート・ウェラー役)、ジェイミー・アレクサンダー(ジェーン・ドウ役)がそれぞれインタビューに応じ、作品の見どころや、大ヒットに対する感想を語っている。

捜査チームのリーダー、カートを演じるサリヴァンは、カートと一時絶縁状態にあった父親との関係や、ジェーンの正体、チームの固い結束に言及している。また、劇中ではアメリカ英語をしゃべっているものの、このインタビューでは母国オーストラリアの訛りで話しており、そのギャップで周りに驚かれたり、言いたいことがうまく伝わらなかったりといった裏話も披露。そして、同作に数多く秘められている謎の部分については「わざと(前もって)聞かないようにしている」という、本人の楽しみ方も教えてくれた。

対するジェイミーは、数あるタトゥーの中で体に残したいもの、"囚人トレーニング"という気になるトレーニング方法、健康のために口にしている飲み物なども教えてくれた。また、ジェーンが持っている言語能力、戦闘能力といった様々な特殊能力で欲しいのはどれ?という問いには、しばらく考えた後に「戦闘能力」と回答。理由として、「あの俊敏さや集中力は見事よ。自己防衛のために欲しいわ」と説明している。

これらの映像は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

ニューヨークのタイムズ・スクエアで不審なバッグが発見される。その中から出てきたのは、記憶喪失の全裸女性。彼女の全身はタトゥーで覆われ、背中にはFBI捜査官カート・ウェラーの名前が彫られていた。ウェラーは同僚のリード、ザパタらとともに、この身元不明女性"ジェーン・ドゥ"の捜査を担当することに。タトゥーの一つを読み解くと、ある住所が浮かび上がり、捜査班はその場所へ急行。向かった先で、ジェーンは男と格闘となり、プロ並みの格闘技術を披露してウェラーたちを驚かせる。タトゥーが指し示す数々の事件と、次第に明らかになっていく巨大な陰謀の存在...。一体彼女は何者なのか?

サリヴァン、ジェイミーのほかには、ロブ・ブラウン(『小説家を見つけたら』)、オードリー・エスパーザ(『ザ・フォロイング』)、マリアンヌ・ジャン=バプティスト(『秘密と嘘』)、アシュレイ・ジョンソン(『アベンジャーズ』)などが出演。また、『ARRROW / アロー』『THE FLASH / フラッシュ』などのDCドラマで知られるグレッグ・バーランティが製作総指揮を務めている。

■『ブラインドスポット<ファースト・シーズン>』商品情報
4月26日(水)ブルーレイ&DVD発売/デジタルセル・レンタル配信開始
コンプリート・ボックス:ブルーレイ...16,200円+税、DVD...14,300円+税
4月26日(水)DVD Vol.1〜12 レンタル開始
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント