「ワイルド・スピード ICE BREAK」の一場面 (C)Universal Pictures

写真拡大

 米ユニバーサル・ピクチャーズが、世界大ヒット中の人気カーアクションシリーズ第8弾「ワイルド・スピード ICE BREAK」でジェイソン・ステイサムとドウェイン・ジョンソンが演じているキャラクターに焦点を当てた、スピンオフ企画を準備していることがわかった。

 「ワイルド・スピード」ユニバースを拡大するスピンオフ案は以前から報じられていたが、製作陣は現在、ステイサム&ジョンソンのスピンオフ企画に本腰を入れているようだ。米Deadlineによれば、まだ企画の初期段階だがコンセプトは固まっており、「ワイルド・スピード」シリーズのチーフライターであるクリス・モーガンが脚本を執筆するという。

 「ストレイト・アウタ・コンプトン」のF・ゲイリー・グレイが監督した「ワイルド・スピード ICE BREAK」は、謎の女サイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)と組んだドム(ビン・ディーゼル)を取り戻すために、DSS特別捜査官ホブス(ジョンソン)らファミリーのメンバーが最強の殺し屋デッカード(ステイサム)の助けを借りて戦いを繰り広げる。敵同士だったはずのホブスとデッカードが組むという設定は、スピンオフを見据えての判断だった可能性もある。

 「ワイルド・スピード ICE BREAK」は、4月28日から日本公開。