ジェニファー・ロペス、アレックス・ロドリゲスとの馴れ初めを語る

写真拡大

歌手・女優のジェニファー・ロペスが、元プロ野球選手のアレックス・ロドリゲスとの馴れ初めについて語った。

47歳のジェニファーと41歳のアレックスは今年3月に熱愛を伝えられ、日々ラブラブな姿を目撃されている。

そして、そんなジェニファーが現地時間24日にトーク番組「エレンの部屋」に出演し、ある日、ロサンゼルスにあるレストランでランチしていた時にアレックスと偶然会ったことから始まったと明かした。ジェニファーは「なぜか、彼の肩をトントンってしようと思ったの。『こんにちわ』って、それでアレックスは『やぁ、ジェニファー』ってなったの」と話し、今度出かけようとなったとのこと。アレックスはすでに以前からジェニファーの電話番号を持っていたので、後日連絡があってディナーに行ったという。ジェニファーは「何をディナーで食べたか覚えていないけれど、良いディナーだったの」「初デートでは泊まらないわ」と笑いながら答えている。

ジェニファーは昨年8月に長年交際していたダンサーのキャスパー・スマートと破局し、昨年12月にラッパーのドレイクと交際を噂されていた。