脈あり?脈なし?告白後の「ちょっと考えさせて」に潜む男性心理

写真拡大

意中の男性に思い切って告白したのに、「ちょっと考えさせて」と返事を引き伸ばされた…。そんなときは何だかすっきりしない気持ちを抱えたまま、相手の返事を待つことになりますよね。

「ちょっと考えさせて」の言葉の裏に潜む、男性の心理とは?パターン別に注目してみましょう!

◆前向きパターン


・いきなりの告白に驚いている
・本気で決断を迷っている
・すぐに返事をして、軽い男だと思われたくない

付き合える可能性が高そうなのは、告白した男性の「ちょっと考えさせて」に、驚きや迷いが含まれている場合。告白のタイミングが男性にとって早すぎると、冷静に考える時間が欲しくなるものです。

また、すぐにでもOKしたい気持ちはあるけどタイミングが悪かった、という場合にも使われる一言。男性が今の彼女と別れ話をしている最中だったら、きちんと恋愛関係を整理してから返事をしたいと考えるようです。

◆見込みがなさそうなパターン


・すぐに断るのは申し訳ないと思っている
・知り合ってからの期間が短いと感じている
・そもそもタイプじゃない

告白をやんわり断る方法として、「ちょっと考えさせて」の一言を使う男性は少なくありません。もしその場で断ったら「諦めるために理由を知りたい」と女性に言われる可能性も。

明確な理由の有無に関わらず、返事を濁すことによって難を逃れたいという男性の想いが込められた一言なのです。

◆返事を待っている間に…


彼の回答を待つ期間に「できること」「しないほうがいいこと」とは?アラサーの男性数名に聞いてみたので、ご紹介しますね。

・「保留中でも連絡をくれたり、顔を合わせたときに明るく話しかけてくれたりするとポイントが高いですね。健気なアピールにやられてOKしました!」(32歳 金融)

変に意識するのではなく、普段通りに感じ良く接したことでOKの返事を引き寄せたパターン。やりすぎない程度に接触を続けたのが良かったようです。

・「保留にした以上、返事をするまではなるべく連絡を取りたくない派です。相手の女性が自分にとって大切な存在だからこそ、冷静な判断をしたい」(31歳 IT関連)

一方で、返事を保留にしたなら、しばらく放置しておいてほしいと考える男性もいる様子。男性が冷静な判断をできるよう、そっとしておくことがプラスに働く可能性もあります。

・「3ヵ月経っても返事を促してくる子がいました。1ヵ月くらいのところで察してほしいです」(28歳 サービス業)

ここで気をつけたいのが、告白の返事を急かさないこと!返事を促すよりも、男性との距離を縮めるための期間として捉えることが大切です。

しかし、いつまで経っても返事がもらえないのも困りますよね。1ヵ月以上経っても返事がないようであれば、脈ナシと判断するのが無難でしょう。

◆悲しい展開を避けよう!


勇気を出して告白したら、返事は保留。結果フラれてしまった…。そんな悲しい展開はできるだけ避けたいもの!

早めに脈のアリナシの判断すること、保留期間中も男性にあなたの存在をアピールすることが、対処法として挙げられます。

告白をきっかけに相手を意識し始める男性もいるので、諦めない気持ちも大切ですよ。もし「ちょっと考えさせて」の展開に遭遇したら、ぜひ参考にしてみてください!

ライタープロフィール


メロン
一児の母として、育児、家事、仕事に奮闘中のママライター。
独身時代のほろ苦い恋愛経験や、結婚生活の経験を活かして、ハッピーな毎日を送るためのヒントが得られるような記事を配信していきます。