頑張ってるのに結婚できない人の特徴3つ!婚活女子100人超と会ったオレが分析

写真拡大

【オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門140】


約半年間、爆速でフッたりフラれたりを繰り返した必死すぎる婚活経験を生かして、なぜか上から目線で本音の恋愛論を語ります。ちなみに普段は、どこにでもいそうなただのアラサーリーマン。

毎週のように、さまざまな婚活をして出会いを作っていても、結婚できる人もいればできない人もいる。
その違いはどこにあるのか。

ブログを通じたオフ会や、婚活必勝セミナーを開催して、100人以上は婚活女子を見て、本音を聞いてきたオレが教えよう。

理由は3つ。
例外はほとんどない。

【1】気を遣いすぎる


気遣いができるいい人…実は最も多い、婚活に苦戦する女性である。

いい人なのに、頑張ってるのに、結婚できない。

不思議だろう。
オレも不思議だった。

だが、彼女たちと話していてわかった。

人の気分を害するようなことは言わない。
興味のない話でも、笑顔で聞いてくれる。

結果、無難な話に終始することになる!

第一印象は悪くないかもしれない。

だが何を聞いても、当たり障りのない返事をされ、共感はしてくれるけど自分の本心を言わなければ、話していても次第に面白くなくなる。
それどころか、相手に興味を持っているかさえ、伝わらない。

仲が良い女友だちとなら、どんなことを話すだろう?

バカな話だったり、人の悪口だったり、自分たちしか知らない趣味の話だったり。
たまには、「私たち仲良いよね!」なんて言い合ったり。
社交辞令的な付き合いとは違ったものになるのではないだろうか?

無難な話だけで、人と仲良くなるのはほとんど不可能だ。

恋愛であっても同じこと。
嫌われるのを覚悟するぐらいの気持ちで、自分を出さなければならないのだ。

【2】知らぬ間に高望みしている


「イケメンに限る」だったり、年下にこだわったり、年収がどうのこうのだったり…
高望みが上手くいかないのはよく知られている。

今さら言うまでもないことのようだが、いやいや、高望み問題は相当根深い。

例えば、見た目が普通、年収も普通、年齢は同い年の彼と付き合いたい、としよう。

美女が彼と付き合うのは高望みでも何でもない。
もっと上を目指していいぐらいだ。

見た目普通ぐらいの女性が彼と付き合うのは、まぁちょうどいいと言うか。

しかし、あまり見た目が良くない女性が彼と付き合うのは…難しい。

高望みかどうかは相対的なもの。
一般的に高望みではなくても、あなたにとっては高望みになり得るのだ。

ここを理解せずに、

「彼は別にかっこよくないし、そんなに給料が良いわけでもないし、年齢だって同じです。
 高望みじゃないです!」

と言われても…

まさか「あなたはかわいくないから、彼が普通でも高望みになりますよ」とは、さすがのオレでも言えない。

また、アラフォーの女性がアラフォーの男性を狙う場合も、高望みになることをご理解いただきたい。
だって、アラフォーの男性は年下と付き合いたいし、それが十分可能だから。

【3】ダメでも別れられない


「でも、好きだから」
聞いた瞬間、「こりゃダメだ」と思うセリフナンバー1である。

「彼は結婚する気がないけど…」
「お金がないから、結婚できないけど…」
「性格に問題があって、結婚なんかしたら…」

でも、好きだから別れられない。

そんなこと言われてもねぇ…。
人はそう簡単には変わらないから、別れろとしか言いようがない。

なので、このコラムやブログで何度となくそう書き続けてきたが、一向に減らない。

思うに、

「一人の人に尽くすことはすばらしい」
「愛があれば、人は変わる」

みたいなキレイごとメディアの悪影響と、

「いやでも、彼はかっこいいから別れるなんて…」
「また別の出会いを作るなんて面倒くさい」

という本音が絡み合っているのだろう。

理由はともかく、別れる以外の方法はない。

結婚できる程度にマトモな男性は、星の数ほどいる。
以上。

◆この3つしかない


頑張ってるのに結婚できない人の特徴をあげたが、冒頭でも書いたようにこの3つこそがほとんど全てである。

どれに当てはまるか考えて、軌道修正すれば、高い確率であなたは結婚できる。
いや、ホントに。

気を遣いすぎる人はまだしも、高望みを認めることや、好きな相手と別れるのはつらいかもしれないが…終わらない婚活を延々繰り返すよりはマシである。
開き直ってやろう!

ライタープロフィール


オレ様リーマン
「32歳で結婚する人に出会う」と占い師に言われたことをきっかけに、婚活と名の付くものは片っ端からやってみて、約半年で運命の女性と出会うことができたアラサーリーマン。膨大な婚活経験を生かして、本音の恋愛論を語ります。
ブログ「オレ様の世界」