SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker

写真拡大

 ボーズは、新たな音響設計によって完全に均一な全方位再生が可能な新型Bluetoothスピーカー「SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」を4月28日に発売する。税込みの直販価格は、一回り大きく、より迫力のあるサウンドが楽しめる「SoundLink Revolve+」が3万7800円、「SoundLink Revolve」は2万7000円。

 2機種とも、IPX4準拠の防滴性能を備えた独特な円筒形デザインで、継ぎ目のないシームレスなアルミボティから、高品位なサウンドをあらゆる方向に放射する。キズや凹みがつきにくい堅牢性も備えた。「SoundLink Revolve+」は、上部に持ち運びに便利な布製のハンドルを装備する。カラーはともに、トリプルブラック、ラックスグレーの2色。

 開発にあたっては、ボディサイズ、音、バッテリ駆動の関係をゼロから見直し、まったく新しい構造の音響パッケージにあわせたボディ形状と、一体成型のアルミ製エンクロージャーを設計した。2基のパッシブラジエーターを向かい合わせに配置した「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」などによって、深く豊かな低音と、全方向に均一に広がるサウンドを実現。従来の全方位型スピーカーの課題だった、スイートスポットの発生や特定周波数の落ち込みもない。

 また、音声ガイダンス機能を備え、NFCによるペアリングや、内蔵マイクを使って、スピーカーフォンとして通話したり、Siriを本体から起動して使ったりできる。無料の専用アプリを利用して2台の本体を同期させ、ステレオ信号をそれぞれ左右のスピーカーに振り分ける「ステレオモード」や2つのスピーカーから同じサウンドを同時に再生する「パーティモード」にも対応する。

 本体サイズ、ハンドルの有無、バッテリ駆動時間以外の機能はすべて同じ。バッテリ駆動時間は、高さ184×奥行き105mm、重さ910gの「SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」が最大16時間、高さ152×奥行き82mm、重さ670gの「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」は最大12時間。