23日、日本と韓国が両国間の海域の呼称に関する外交戦を展開する見込みだと報じられ、中国のネットユーザーが多くのコメントを書き込んでいる。写真は日本海と東海が併記された地図。

写真拡大

2017年4月23日、韓国・聯合ニュースは日本と韓国が両国間の海域の呼称に関して外交戦を展開する見込みだと報じた。

第19回国際水路機関(IHO)総会が24〜28日の日程でモナコで行われる。その刊行物「大洋と海の境界」の64年ぶりとなる改訂をめぐって、日本は「日本海」の単独表記、韓国は「東海」の単独表記を求めているが、韓国は日本との間で合意に至るまで双方の呼称を併記するよう主張するという。

この報道に、中国のネットユーザーからは以下のような声が上がっている。

「日本は『日本海』、韓国は『韓国海』。それぞれ好きに呼べばいいんじゃないの?」
「もうただの『海』でいいよ」
「だったらこの際、『中国海』でいい」

「中国では昔は『鯨海』だった」
「唐の時代には『渤海』と呼んでいた」
「昔は中国の『北海』だったから、ノースチャイナシーでOK?」

「それにしても、相変わらず世界はことごとく韓国のものだな」
「次は『東海』を世界遺産に登録しようとするぞ」
「『東海』には絶対反対。ここが韓国の『東海』になったら、次は中国の黄海を『西海』に変えろと言い始める」
「今回ばかりは日本を応援しよう」(翻訳・編集/岡田)