北欧トーキョーは、6月25日(日)まで「ご当地名産品フェア」として7商品を販売。写真は「愛媛名産じゃこカツドッグ」(198円)

写真拡大

北欧トーキョーでは、4月24日より6月25日(日)まで、「ご当地名産品フェア」として7商品を販売する。

【写真を見る】青森県産のよもぎを練り込んだ「青森よもぎ大福」(165円)

同企画では、北は北海道から南は福岡まで、全国津々浦々のご当地名産品をパンで一度に楽しむことができる。7エリアのパンのなかには、多くのファンをもつ名産品“かねふく明太子”や“湘南しらす”を使用した商品が登場。また、“信州の牛乳”と“北海道のミルククリーム”、“京都の宇治抹茶”と“北海道の黒豆”など、名産品同士を合わせたダブルコラボ商品も登場する。

全国の名産品の魅力がつまったパンを、行楽シーズンのお供にしてみては。【ウォーカープラス編集部/ホシ】