写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立メタルプレシジョンは、需要急増が予測されるターボ車向けに、精密鋳造(ロストワックス法)タービンホイールの増産投資を30億円超の規模で行い、生産能力を5割増強することを発表した。

自動車の省燃費技術として世界的に注目されているターボエンジンは、欧州メーカーを中心として採用されていたが、今後は欧米や日本のみならず、中国やアジア地域でも需要拡大が期待される。

同社の超耐熱合金製 精密鋳造(ロストワックス法)タービンホイールは、そんなターボ部品として広く採用されており、ニーズに応じた形状・素材設計技術、短納期対応などで市場の期待に応えてきたものの、ターボエンジンの需要急拡大に伴い、質・量ともにさらなる対応力が求められている。

こうした需要に応えるために同社は、増産投資30億円超の規模で、同社・安来事業所(島根県安来市)の工場建屋を拡張するとともに製造ラインや加工設備を増設し、2020年度までに生産能力を5割増強する(2016年度対比)という。加えて、工程改善によりこれまで以上に精密かつ複雑な形状を実現するなど、品質の高さも追求していくとのことだ。

同社は、この投資により、生産能力増強と製品力の強化を実現し、自動車の燃費および環境性能向上に貢献していくとしている。

(早川厚志)