写真提供:マイナビニュース

写真拡大

西濃運輸は4月24日、法人宛の荷物を対象に、スマートフォンのGPSを利用した配達時の車両の位置情報を提供するサービスである「いち知る」を開始した。

新サービスでは、セールスドライバーが配達順に原票ナンバーや配達予定時刻などをハンディ・ターミナルに入力。配達中は、車両位置情報を定期的にアップロードし、配達予定時刻にズレが生じた場合は、遅れを随時反映する。

利用客が配達予定の荷物の問い合わせをインターネット上で行うと、正確な配達予定時間を把握でき、ワンクリックで当該荷物を積み込んだ車両の現在地を地図上で確認が可能だという。これにより利用客に、荷受けの準備時間や、間違いなく届くという安心感を提供できるようになるとしている

同サービスは、2016年11月に東京都内の配達100コースでパイロット・テストを行い、85%の利用客から評価を受けたという。その後、4月24日から東京都内の500コースで開始し、6月から関東圏、11月には全国の約1万8000コース(セイノー輸送グループを含む)でサービスを提供していく予定だ。

同サービスは、利用客の利便性向上と同時に、利用客からの配達に関する問い合わせの電話受付件数が減るなど、業務の効率化にも寄与するとしている。

また、将来的には配達に関するデータを蓄積して自動で最適なルートを決定し、ナビが経路を誘導できるようになると、入社間もないドライバーや慣れないエリアでも配達業務がスムーズに行えるようになるなど、ドライバーの負担軽減や人材確保への効果も期待できるという。

(山本善之介)