写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ケイズデザインラボは、3Dプリント技術活用によるカスタムフィットを実現したネイルチップサービス「オープンネイル」のサービス実証実験を渋谷ヒカリエShinQsにて行うと発表した。実施日は5月6日、5月7日。

「オープンネイル」は、個々のユーザーにぴったりのネイルチップを届ける、ミチの提供するカスタムフィットネイルチップサービス。ネイルは、ジェルネイルをはじめとして人気のある美容だが「忙しくてネイルサロンに通えない」、「仕事の関係でネイルができない」などといった理由で、関心があるにも関わらず諦めている女性が7割近くいるという。手軽に楽しめることで人気のネイルチップについても「サイズが合わない」、「外れやすい」といった課題があった。同サービスは、店頭で爪の形状を3Dスキャン登録した後は、ぴったりフィットするネイルチップを何度でもインターネットから好みのデザインで注文できる。注文したネイルチップは、1カ月程度で自宅に届くということだ。

同実証実験は、東京都・渋谷区の渋谷ヒカリエShinQs内、Beauty Pediaにて行われ、体験を提供しながら、事業性の検証やサービスの改善が行われる。開催日時は5月6日、5月7日の10:00〜21:00。見学は自由だが、3Dスキャン登録を希望する場合はミチのホームページからの事前予約が必要となる。なお、同実証実験では、ケイズデザインラボが3Dソリューションのコンサル支援を行い、東芝が爪の3Dデータからぴったりフィットするネイルチップデータを作成する技術を提供している。

(シマダマヨ)