スイスのセクセロイテン広場で開催の祭りで燃やされる雪だるま(2017年4月24日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スイス・チューリヒ(Zurich)のセクセロイテン(Sechselaeuten)広場で24日、毎年恒例の春祭りが行われた。祭りでは、「Boeoegg」と呼ばれる雪だるまの張りぼてを燃やし春の到来を祝った。

 聖ペーター(Saint Peter)教会の鐘が6時を告げると、爆竹などの詰め物が入った雪だるまの下のたき火に火がつけられた。頭のてっぺんまで早く燃え上がるほど、より暖かく気持ちの良い夏の到来が期待できると言われている。
【翻訳編集】AFPBB News