「盆ラマ」大皿サイズ
直径約28cm / 車両・走行用パワーユニット付き
税込4万3200円(6点限り)

2017年4月26日(水)から5月2日(火)まで、大宮高島屋 1F 正面ホールにて「盆ラマ展」が開催される。「盆ラマ」とは“盆栽風ジオラマ”の略で、京都市左京区の鉄道ジオラマ製作工房「鉄道少年舎」を主宰する川上哲生氏が1つずつ丁寧に作っているもの。さまざまな作品の展示販売が行われるほか、大宮の街をイメージした「盆ラマ」も会場内に特別展示される。営業時間は10:00〜19:00。「盆ラマ」では、箱庭のように小さなスペースの中に自然の風景を切り取り、盆栽風のジオラマとしての表現が行われている。盆栽の情景を鉄道模型ジオラマと融合させようとすると、湿気がある本物の植物は、電気で動かすので湿気が大敵である鉄道模型とは相性が悪い。そこで、ジオラマ材料で樹木や草などを表現することで、盆栽風に見立てたジオラマが考案された。懐かしさと新しさも融合した世界を楽しむことができ、ジオラマ界の新分野として注目を集めている。今回の展示販売イベントでは、川上氏を講師に迎え、ミニサイズの「盆ラマ」を作れるワークショップも実施。対象年齢は5歳以上とされており、大人だけでなく子どもも楽しく参加できる。開催日は会期中の4月29日(土・祝)と4月30日(日)で、両日ともに11:00 / 14:00 / 16:00の回を用意。所用時間は約60分、定員は各回8名で、参加費として税込2160円が必要とされる(材料費込み)。先着順での受付(定員に達し次第で終了)で、当日参加人数に空きがある場合には、その場での参加が可能。■期間:
2017年4月26日(水)〜5月2日(火)

■開催場所:
大宮高島屋 1F 正面ホール
埼玉県さいたま市大宮区大門町1-32

■問い合わせ先:
大宮高島屋 販売促進室 「盆ラマ展」係
tel. 048-643-1111(代表)
url. https://www.takashimaya.co.jp/omiya/bon_rama/