例年通りなら、新型iPhoneは9月に発表・発売されます。しかし今秋発表のiPhone 8は発売日が例年より遅くなるかもしれません。

こちらもご覧ください。
iPhone 8の噂まとめ【4月版】

iPhone 8の量産開始が遅れる?

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、iPhone 8の量産が始まるのは10〜11月。例年に比べて2ヶ月遅くなると分析しています。

Kuo氏の分析・予測は正確であることが比較的多いので注目されています。

量産が始まる時期が遅くなる理由として、iPhone 8に搭載される部品の製造が難しいことを指摘。これまでの噂ではTouch IDセンサーを内蔵した画面・画面の加工・3Dセンサーの製造に問題が発生していると言われています。

Kuo氏は、iPhone 8の画面・新型プロセッサ・新しい3D Touchセンサー・3Dセンサー内蔵のカメラに問題があるため、製造が遅れていると分析しています。

iPhone 8・iPhone 7sの発売日は?

iPhone 8の発売がいつになるのかは不明です。例年通りに9月発売で入手困難がしばらく続く説と、9月発表で10〜11月発売とする説があります。

一方、『iPhone 7』後継モデルのiPhone 7sとiPhone 7s Plusは例年通りに9月に発売されるとKuo氏は予測しています。

量産の開始が遅れるという噂は以前からありましたが、Kuo氏も同様に予測していることから信ぴょう性が高まったと言えそうです。

参考

KGI: iPhone 8 mass production delayed to October/November as major component upgrades cause supply bottlenecks | 9to5Mac