さんま大興奮の“巨乳だから身についた能力”

写真拡大

「美おっぱいコンテスト2016」でグランプリに輝いた中岡龍子(23歳)が、4月24日に放送されたバラエティ番組「痛快!明石家電視台」(毎日放送)に出演。Fカップのバストの持ち主だからこその“身についた能力”について語った。

この日、「おっぱいのおかげで身についた能力がある」のテーマで番組が進行する中で、「おっぱいって、ポケットになると思ってて」と語り出した中岡。普段「おっぱいに携帯挟んで電話しながら(両手で)家事やったりとか。なんでも挟めて楽なんです」と、巨乳ならではのメリット(?)を告白した。

これに番組MCの明石家さんま(61歳)は「うそぉ!かっこいい!」「男喜ぶやろ!」と大興奮。

さらに実演する流れとなり、中岡が自身の胸の谷間にスマホを挟んでみると、さんまは「『おっぱいで挟んで電話してるんだ』とか言うの?」「バイブにしてもらって、ブーっていうんやろ。で、もしもし、とか言うんやろ?」と興奮が止まらず、見かねた雨上がり決死隊の宮迫博之(47歳)が「いま、お仕事中ですよ」とツッコミを入れ制止していた。