僕が亜人…?
 - (C) 2017映画「亜人」製作委員会 (C) 桜井画門/講談社

写真拡大

 佐藤健主演で桜井画門の人気漫画を実写化する映画『亜人』より、映像が初公開された。息をのむほどの緊迫感に満ちたスピーディーなシーンの数々に、本編への期待が高まる。

 2017年の東京。不死身の新人類“亜人”であることが発覚した主人公・永井圭(佐藤)が、国家権力や亜人テロリストたちと戦いに巻き込まれていくさまを描く。メガホンを取ったのは、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督。佐藤主演で大ヒットを記録した『るろうに剣心』のアクションチームと撮影に挑んだ。

 公開された特報映像は、圭が亜人であることを自覚し、大きな歯車が動き出していくと同時に、追いつめられていく様子を映し出す。ビルからの飛び下りや銃撃戦など、壮絶な展開を思わせるシーンが次々と現れる中、ところどころに登場する、綾野剛ふんする国家転覆をねらう“新人類最凶の男”佐藤の不敵な笑みが印象的だ。映像にはほか、田中功次役の城田優、奥山役の千葉雄大、戸崎優役の玉山鉄二、下村泉役の川栄李奈、永井慧理子を浜辺美波らも登場し、それぞれに存在感を放つ。(編集部・小山美咲)

映画『亜人』は9月30日公開