G大阪DF三浦弦太、「跳躍力」がハンパない!完全に頭一つ抜き出ていた

写真拡大 (全3枚)

大宮アルディージャをホームで6-0と粉砕したガンバ大阪。

遠藤保仁や長沢駿といった主力選手を先発メンバーから外しつつ、泉澤仁や堂安律にゴールが生まれるなど最高に近い結果となった。

そんなこのゲームでもG大阪のセンターバックに入ったのが期待の若手DF三浦弦太。

4-0とリードして迎えた65分、打点の高いヘディングで勝利を決定付けるゴールを奪った。

マークを上手く外して回り込み、井手口陽介のクロスに合わせた三浦。

その跳躍力は完全に頭一つ飛び抜けており、対峙していた和田拓也に競り勝ってみせた。

垂直跳びでこの高さは凄い!

三浦はACLのプレーオフでも驚異的な跳躍力からゴールを奪っており、またもや自身のストロングポイントを発揮した形。三浦にとってこれがJリーグでの初得点となった。

この日は4バックの一人としてプレーした三浦は試合後、「3バックの右だとなかなか全体に対しての声を掛けづらかったが、4バックの真ん中に入って、ラインコントロールやリスク管理、コンパクトにすることは意識してやれました」と振り返った。