@AUTOCAR

写真拡大

是非、ムービーの音声を聞いて欲しい

ジャガーF-PACEのホット・バージョン、SVRのテスト風景を、ニュルブルクリンクでキャッチした。

是非、ムービーの音声を聞いて欲しいのだが、V8エンジンの雄叫びがクリアなサウンドで収録されている。これはまさに、F-タイプ SVRのスーパーチャージド5.0ℓエンジンと8速オートマティックというパワートレインにほかならない。そのパワーは、最高出力573ps、最大トルク71.3kg-mに達する。

カモフラージュを施されたテスト車であるが、それでも、アグレッシブなフロント・スポイラーや、2つの大きなエア・インテイクを確認でき、大径ホイールと幅広タイヤが、ポテンシャルの高さを伺わせる。他にも、チタン製のエグゾースト・パイプが奢られ、サスペンションにも手を加えられているはずだ。

パフォーマンスに関しては、F-タイプ SVRの0-100km/h加速3.5秒、最高速度322km/hというスペックには達しないと予想される。しかし、0-100km/h加速は4.0秒を切るだろう。

ポルシェ・マカン・ターボは、0-100km/h加速が4.4秒であることを考えると、F-PACE SVRが最も速いミドルサイズSUVとなることは間違いない。

価格は、F-PACEのエントリー・モデルが£35,000(494万円)ということを考慮に入れると、£70,000(990万円)程度になると考えられる。