久々の優勝で世界ランクを大幅に上げた久保谷健一(撮影:村上航)

写真拡大

<男子世界ランキング>
国内男子ツアー「パナソニックオープン」終了時の最新男子世界ランキングが発表され、ツアー通算7勝目を挙げた久保谷健一が前回の1880位から509位にランクアップを果たした。日本勢は松山英樹は4位をキープ。池田勇太は48位、谷原秀人は50位、米国男子ツアー「バレロ・テキサス・オープン」で72位タイに終わった石川遼は127位となっている。
世界ランク上位に変動はなく、1位はダスティン・ジョンソン(米国)。挙式を行ったローリー・マキロイ(北アイルランド)が2位、ジェイソン・デイ(オーストラリア)が3位となっている。
世界ランク2位マキロイの結婚相手ってこんなヒト
【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(12.77pt)
2位:ローリー・マキロイ(8.72pt)
3位:ジェイソン・デイ(8.18pt)
4位:松山英樹(7.97pt)
5位:ジョーダン・スピース(7.56pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(7.33pt)
7位:セルヒオ・ガルシア(7.24pt)
8位:ジャスティン・ローズ(5.52pt)
9位:リッキー・ファウラー(5.44pt)
10位:アダム・スコット(5.37pt)
48位:池田勇太(2.56pt)
50位:谷原秀人(2.48pt)
118位:小平智(1.29pt)
127位:石川遼(1.20pt)
509位:久保谷健一(0.31pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ツアーの深層】
「ジーパンがはけなくてもいい」、3位タイの堀川未来夢が見つめる松山英樹の背中
遼、今季のワースト“82”で72位T「練習がまだまだたりない」
【PGAツアー動画】石川遼インタビュー「立て直すというよりは練習」