大政奉還で危機を乗り切ったトヨタ(豊田章男氏)

写真拡大

 ここにきて日本の大企業では創業家の存在が見直され、創業家が経営陣の方針に物申したり(出光石油など)、経営トップの座を創業家に“大政奉還”する企業(セブン&アイ・ホールディングスなど)が目立つ。

“大政奉還”で危機を乗り切った嚆矢がトヨタだ。創業者である豊田佐吉のひ孫、豊田章男氏はリーマンショック後の赤字決算という苦境のなかで社長に就任し(2009年)、1年目にさらに大きな危機に直面した。米国を中心に広がった新型プリウスのリコール問題だ。章男氏は米議会の公聴会に呼び出され、激しいバッシングにさらされた。

「創業家社長でなければ、内外のあの批判には精神的に耐えられなかったはずだ」(メガバンク幹部)

 トヨタは章男氏の下で結束して立ち向かい、2015年度には過去最高益をあげた。『経済界』編集局長の関慎夫氏が言う。

「章男氏の前任の渡辺捷昭社長の時代のトヨタは『世界シェア10%』という目標を掲げて数字ばかりを追う経営にシフトしてしまい、事業規模の割には人材が育っていないなど、企業としてのバランスを失っていた。

 そこへ創業家の社長が登場し、数字だけを追うのではなく、持続的にこつこつと成長する経営に改めた。それによって人材も育つようになり、それで業績が追い付いてくるようになるという、良い循環ができています」

 業績の回復だけではない。トヨタは傘下にダイハツ、日野自動車を抱え、スバル(旧・富士重工)の筆頭株主にもなったが、グループ企業は自動車分野以外の多くの業種に広がる。子会社筆頭のデンソーは自動車部品では世界首位、社員約15万人の巨大企業のうえバイオや基礎化粧品まで手がけている。

 商社部門の豊田通商はトーメンを吸収合併して総合商社業界6位となり、住宅部門のトヨタホームもミサワホームを吸収してハウスメーカー(住宅会社)8社の一角、金融部門のトヨタファイナンシャルサービスは世界30か国以上で事業を展開する。

 そうした成長の秘密は創業者の佐吉が残した「一人一業」という家訓にある。「豊田家の盟主は、代々新しい事業をつくること」という意味だ。

 この家訓から佐吉が興した自動織機会社から2世代目(息子)の喜一郎氏が自動車開発に乗りだし、3世代目(孫)で現トヨタ名誉会長の章一郎氏は住宅部門に進出して業容を拡大していった。4世代目(ひ孫)の章男氏は昨年、米シリコンバレーにAI技術開発のための「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・インク」(TRI)を開設し、5年間で1200億円を投じる計画だ。狙いは自動運転技術の開発にはとどまらない。

「人工知能とビッグデータを自動車以外の産業基盤の要素技術として活用できるのではないか」

 章男氏は新会社設立の発表会でそう語っている。豊田家の持ち株は一族あわせても3%に満たないとされるが、「一人一業」の精神でトヨタを三大財閥に匹敵する新財閥に成長させた「世界最強の創業家」といっていい。

※週刊ポスト2017年5月5・12日号