カワサキから2017年モデルの「Z250」シリーズが発表されました!

取り回しの良い軽量な車体と、扱いやすいエンジン特性が大人気のこのモデル。今年のモデルはどのように仕上がったのでしょうか!?

「筋肉質で逞しいシルエット」と評判の高いスーパーネイキッド、Z250 ABS。2016年モデルからの変更点はカラー&グラフィックの変更のみとのこと。

その独特なタンク形状やコンパクトなヘッドライト、シャープなテールカウルにより、Zシリーズを象徴するアグレッシブなデザイン。スリムなシート形状、ハンドルとともに扱いやすさや足つき性も、これまで同様です。

エンジンはDOHC4バルブパラレルツインエンジンを搭載。低中速回転域での豊かなトルクと、高速回転域での伸びやかな吹け上がりを併せ持つ出力特性を発揮します。

さらに、レース由来の先進テクノロジーの「アシスト&スリッパークラッチ」も装備。ストリートからワインディングまで、幅広い領域で優れたパフォーマンスを発揮します。

設定されるカラーは「メタリックグラファイトグレー」

シックな雰囲気ながらも、スポーツをする志をしっかりと主張している、かっこいいカラーです!

Z250 ABSには「Special Edition」も設定されました。今回のカラーは「キャンディフラットブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック」。

カワサキらしいグリーンをベースに、本モデルのみ「ゴールドホイール」と「Zパターンのフロントシート」が採用されます。

まさにスペシャルな一台となるこのモデル。カワサキに乗るならぜひとも所有したいカラーですね。

Z250ABSよりさらに軽量、スリム、コンパクトなスーパーネイキッド、Z250SLにも、2017年モデルが発表されました。

2016年モデルからの変更点はカラー&グラフィックのほかに、フレームにメタリックグリーンの塗装を採用したとのことで、どこか「Ninja H2」をも訪仏させますね。

今回採用されたカラーは「メタリックグラファイトグレー×エボニー」

スリムでコンパクトなトリスフレームに搭載されたエンジンは、力強い低中速回転がとても刺激的なことが特徴です。気負わずカジュアルに走りを楽しめる、都市型コミューターとしても優れた性能を発揮します。

Z250シリーズの2017年モデルは、どれも「Z」の名前が持つ魅力をさらに高めているものばかりですね。個人的にも、最近は軽量な再び250ccクラスの楽しさを再確認してますので、このクラスがますます充実してほしいと思います!

税込み価格は「Z250 ABS」が「¥553,500」「Z250 ABS Special Edition」が「¥559,160」「Z250SL」が「¥437,400」で、いずれも発売日は2017年5月15日となっております。

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

250ccスーパーネイキッド、カワサキ・Z250シリーズの2017年モデルが刺激的!(http://clicccar.com/2017/04/25/465312/)