乃木坂46の生田絵梨花が23日放送の日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演。自慢話をする昭和世代に嫌悪感を示すと、歌舞伎俳優の梅沢富美男が「マネージャー呼んでこい」とブチギレする一幕があった。

 この日の放送では「世間に物申す! 次世代ご意見番は誰だ? 梅沢富美男杯SP」との企画を実施し、生田はゲストとして出演した。

 再現VTRの中で、乃木坂46のメンバーや関係者で開かれた食事会のことを紹介された生田。その中で、生田がドームツアーを開けるくらいまで頑張りたい気持ちを語ると、同席していた年配の男性が「俺がこの世界に入ったころは、そりゃ今とは比べ物にならないスケジュールで全然寝れなくて、大変だったよな」と語ったことが明かされた。

 これにVTRの中の生田は「こういう昔話する昭和世代の人っている〜」と、心の中で嫌悪を抱いたことが描写された。さらに、その年配の男性が「俺たちが全盛期の芸能界を支えてきたんだよ! すごいだろ?」と語り掛けて来たことに対しては、生田は「出た! 自慢話!」との印象を持ったことが描写されていた。

 番組では、その年配の男性と同様の発言をする人物として梅沢をクローズアップし、その梅沢が「300年に1人の役者。紅白にも出てんだぞ」と自らをアピールする映像が流され、生田が嫌悪する対象として梅沢も該当することを映し出した。

 スタジオトークで、「昭和世代の自慢話」が苦手という生田に対し、梅沢は「それは間違いだぞ。話ってのはちゃんと聞いとけ。良い話も悪い話も聞いてみるんだよ。そして、自分の中でこいつは悪いな、こいつは良いな…」と説明していると、雨上がり決死隊の宮迫博之は「うるせえジジイだな!」と生田の心の声を代弁するかのように声色を変えて発言した。

 東野が生田に「面倒臭いですか、オジさんの話は?」と尋ねると、生田は「そうですね」とキッパリ。これに梅沢は反応し、「マネージャー呼んで来い」とキレ気味で突っ込んだ。

 ただ、生田が動じない様子を見せていると、梅沢は「女の子にしてはなかなか、娘としてはね、芯がありますよ」と泰然自若とした生田を評価。これに東野が「嬉しいですか?」と生田に尋ねると、当の生田は「あっ…」と言葉に窮し、フットボールアワー後藤輝基が「そうでもない」と生田を代弁。梅沢は「お前、本当に、マネージャー呼んで来い」と再び生田への怒りをぶちまけていた。