炎天下、チーミンダイン駅付近でひたすら地道な計測作業を続ける技術者たち


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

2年ぶりの再会

 10月の満月を祝うダディンジュが来ると、長かった雨期も終わりだ。パゴダ(お寺)や家々の前にろうそくの光が灯されるのは、天から降りて来るお釈迦様の足元を照らすためだそう。

 大通りの左右に伸びる路地の一本一本にも、通りを挟んで建つアパートからアパートへワイヤーを渡してイルミネーションが飾られたり、家の外壁にもきらきらと灯りが輝いたりして、街全体がクリスマスのように華やぐ。

 そんなお祭りを目前に控えたある朝、ヤンゴン環状鉄道の主要駅の一つ、チーミンダイン駅の線路の上で懐かしい人と再会した。(株)日本線路技術の藤原英夫さん。

 初めて会ったのは、2014年10月。日本で長年、鉄道線路の検査・計測や、調査・設計の第一線に立ってきた藤原さんは、当時、老朽化が激しいこの国の鉄道を改良するために日本の技術支援で実施されていた保線の技術指導を行う専門家としてミャンマーに派遣されていたのだ。

 毎朝、ミャンマー国鉄(以下、MR)の職員に砂利の突き固めや枕木交換のやり方を指導しながら、「そんなやり方では、全然ダメだ」「あぶねぇぞ、もっと声出せ、声!」などと東北なまりの日本語で叱る一方、休憩時間には「おーい、腹が減っては戦はできんぞ。バナナ食うか?」「暑いな、大丈夫か」などとMR職員らをねぎらっていた藤原さん。

 なぜか東北弁とミャンマー語で和気あいあいと盛り上がっている姿が不思議であると同時に、「これ、母ちゃんが持たせてくれたんだよね」と言いながら薬がぎっしり詰められたジップロックの袋を嬉しそうにリュックから取り出して見せてくれる笑顔がチャーミングでもあった。

 2年ぶりに会った藤原さんは、「あのころに比べると俺もずいぶん歳を取ったよ、今年は65になるもの」と少しだけしんみりしたものの、次の瞬間には「おーい、ここの番号は合っているかー」と、コンクリートのブロック塀越しにひっきりなしに聞こえてくる車のクラクションに負けない張りのある声を辺りに響かせた。東北弁も健在だ。

 「おい、菊、その数字、間違ってねぇか?」という藤原さんの問い掛けに、「菊」と呼ばれた同社の片菊和輝さんが、「あれ? あ、すみません」と頭をかく。

 再びしゃがみ込んで数字を確認する片菊さんを眺めながら、「菊は、もともとJR東日本の社員だけど、今、うちに出向してきてるの」「こういう海外の現場は、菊みたいな20代の日本の若者にとってもいいんだよ。国内じゃ彼らが直接こんな現場を経験する機会はもうないからね」と話す藤原さん。

 後進への思いと期待が混じったあたたかい笑顔は、2年前と少しも変わっていない。

分岐する線路の上でメンバーに指示を出す藤原さん(=左から2人目)


にこやかに微笑む線路脇に住む一家


炎天下の計測作業

 藤原さんの今回のタスクは、ヤンゴン市内を一周する環状鉄道上に67カ所ある分岐器、すなわち線路の向きを変えて車両の進路を変更するための機器を1つずつ調べ、状態を確認することだ。

 日本が2015年7月に合意した環状鉄道の近代化に向けた協力では、全周の信号システムと踏切の改良、およびディーゼルエンジンで発電しモーターを回す電気式ディーゼル気動車の導入については日本が円借款を通じて協力し、軌道・土木工事はミャンマー側自身で行うことで合意されている。

 つまり、今回藤原さんたちが調査している分岐器も、一義的には、MRが対応すべき範囲の事項ではあるのだが、そうは言っても英領植民地時代に鉄道の敷設工事が行われた際に設置されて以降、何度か交換されてはいても、作業が追い付いていないため、中には分岐器のポイント部に付けられた可動レール(トングレール)の先端が欠けて破損しているものもあり、老朽化が著しい。

 すべて交換するか、交換は一部にとどめて現状のものを使い続けるか、その場合の割合によってコストが大きく変わってくるのは事実だが、もし、これ以上の使用に耐えられない分岐器が交換されないまま使用されることになると、今後、線路が改良され、列車の走行速度が上がった時に深刻な脱線事故につながりかねない。

 そこで、10月に2週間と11月に2週間の計4週間ですべての分岐器の現状を確認し、その結果をMR側に提示することになったのである。

 その作業は、驚くほど地味である。「遊間」と呼ばれるレールとレールのつなぎ目部分の間隔の長さや、左右のレールのずれ、レールの断面のすり減り具合(摩耗)など、ただただ、分岐器のあらゆる箇所の長さをひたすら計測し続けるのだ。

 「ほら、かがんで見てごらん。上側が手前側に伸びているでしょ。車両に叩かれ続けることで、レールがこんなふうに変形してしまうの。これがレールフロー。だから遊間はレールの下側で測らないとダメなの」

 「くっつき過ぎると分岐器の先端がぶつかって動かなくなるから、4ミリ前後が理想だね」

 藤原さんの説明を聞きながら、しゃがみ込んでレールに顔を近付けてみると、確かに上の方が少しひしゃげているようにも見える。

 それにしても、炎天下でこんな姿勢を続けるのは楽ではない。レールの計測地点に白チョークで番号を振る人、計測した数値を読み上げる人、それをシートに記録する人、そして各地点の写真を撮る人・・・。

左右のレールのずれは「すこや」と呼ばれる直角を確認する工具を用いて計測する


列車がやってくるたびに計測の手を止め、手を振りながら見送る


 数人がかりで手際よく進めても、早朝から昼過ぎまでかかってようやく3つか4つの分岐器を計測し終えるのがやっとだ。照り付ける日差しがつらくなり、途中でそっと線路脇の木陰に逃れた筆者を横目に、藤原さんたちは続いて枕木の状態を確認し始めた。

 「11交換、14交換、18ダメ、24ダメ、28と29ダメ」と声を張り上げながら線路を歩き、使える枕木とそうでないものを1本ずつ峻別し始めた一行の姿がこの上なく頼もしく思えたのは、言うまでもないだろう。

予算内で優先付けを提案

 そんな分岐器チームと毎朝のように一緒に出掛け、線路の上で調査の様子を見守っていたのは、オリエンタルコンサルタンツグローバルの菊入崇さんだ。

 「分岐器をすべて取り替えるように言うのは簡単ですが、土木工事はMRの管轄である以上、限られた予算の中で最大限効率の良い方法を採りたいという彼らの意向を尊重し、その方策を提案してあげることが大切です」と話す。

 例えば、旅客を乗せた列車が頻繁に通過する本線上の分岐器は優先的に新しいものに交換し、現状でもまだ比較的状態の良いものがあれば、本線から分岐した支線や、車両基地などにつながる引き込み線に回すよう提案するなど、合理的な優先順位をつけるのだ。

 11月半ば、菊入さんは、全67カ所の分岐器のうち、チーミンダイン駅とインセイン駅付近の48カ所の調査結果を携えて、首都ネピドーにあるMR本社の会議室にいた。

 詳細設計図面の提出を年明け2月に控え、信号や電気、運行計画など、それぞれの専門家たちとMR側との調整が追い込みを迎える中、菊入さんもこの日、分岐器調査の概要を報告するとともに、MR側が行う軌道・土木工事の中で、分岐器はどれぐらい、どうやって交換すべきか検討を促すためにやって来たのだ。

 アウンウィン副総裁をはじめ、14人のMR幹部を前に、レールの登頂面が車輪に押しつぶされて変形・摩耗していたり、木製の枕木が腐食していたり、レールを固定するボルトが完全に抜けて紛失していたり、さらには前出のトングレールが破損し、合流すべき本線とつながらず隙間が空いていたりする分岐器の様子を、場所の詳細とともにスクリーンに映し出していく菊入さん。

 いずれも、丁寧に現場を歩いたからこそ明らかになった現在の状況だ。

 食い入るようにスクリーンを見つめるアウンウィン副総裁たちに菊入さんが続いて見せたのは、バラストがなくなり泥に半ば埋まった路盤や、継ぎ目が滑らかではなくカーブの部分で「角折れ」が生じているレール、さらに敷設時に想定外の隙間が空いてしまったのだろう、レールとレールの間に足された10cm程度の極短レールなどの写真だ。

現在の分岐器は手動で切り替える仕組みだ


 「これらは、調査した中でも特に状態がひどかった分岐器です。日本が信号と踏切の工事を開始するのを待たず、できるだけ早く交換しないと、いつ甚大な事故が起きてもおかしくありません」と訴えた後、菊入さんは、分岐器全体を交換するパターン、切り替えポイントとその周囲を交換するパターン、そしてトングレールと枕木だけを交換するパターンの3案を提案した。

 このプレゼンを踏まえ、MRがどのような決断を下すかは、まだ決まっていない。しかし、今後、日本が設置する信号や踏切は、今は各駅で駅員が手動で切り替えている分岐器とともに、線路に沿って敷設される電線を通る電気によって作動することになるため、仮に軌道・土木の施工に不具合があると、信号と踏切、そして分岐器が連動して作動しない可能性も否定できない。

 軌道・土木はMR側で、信号と踏切は日本側で、と分けることによって、日本は、丸ごとすべて施工するよりも難しい工程管理と質の担保を迫られることになりそうだ。

「ぽっぽや」の矜持

 一言で「鉄道技術」と言っても、「より早く」「より便利に」「より快適に」を追求する華やかな新規技術の開発とは対照的に、車輪の脱線や軌道の破壊を防ぎ、安全を確保するために行う計測作業は、非常に地道、かつ地味だ。

 この日、予定していた作業を終えて引き上げる皆の作業着は、スコールにでも降られたかのように汗でびしょ濡れだった。

 思わず「大変ですね」という言葉がこぼれたが、「いいや、なぁんも」と、晴れやかに笑う藤原さんの言葉を聞いて、はっとした。

 「こうやって計測した結果が計画に反映され、鉄道の安全性が高まるのなら、これ以上嬉しいことはないよね、“ぽっぽや”として」

 乗客の目には触れないところで、文字通り、陰ながら鉄道の運行を支える技術者たち。並々ならぬ彼らの努力は、しかしながら、列車が通常に運行している限りは、多くの人々に知られることすらない。

 にもかかわらず、「安全で早くてスピードが上がれば、人々も鉄道に戻ってきて、ヤンゴンの渋滞も緩和されるんじゃないかな」と目を輝かせる藤原さんを突き動かしているのは、“ぽっぽや”としての責任感と矜持だ。

 ぎらぎらと照り付ける日差しにも負けない熱い技術者魂が、今日も線路の上で燃えている。

(つづく)

信号や電気、運行計画など、各分野ごとにMR幹部と最終調整する調査団のメンバーたち


筆者:玉懸 光枝