22日、韓国の人気お笑い番組に出演した女性芸人による「黒人の扮装」をめぐり、テレビタレントや他の芸人をも巻き込んだ論争が勃発した。資料写真。

写真拡大

2017年4月22日、韓国の人気お笑い番組に出演した女性芸人による「黒人の扮装(ふんそう)」をめぐり、テレビタレントや他の芸人をも巻き込んだ論争が勃発した。

発端となったのは、19日にSBSで放送された番組「ウッチャッサ−レジェンドマッチ」。韓国語の「笑いを求める人々」という表現を縮めた「ウッチャッサ」のタイトルで知られる同番組は、2003年に放送が始まった大人気のコント番組だ。これに、女性お笑い芸人ホン・ヒョニが、茶色に塗った顔に白い眉を引き、ドレッドヘアの頭にネギを1本立てた姿で「黒人役」として登場し問題となった。番組には視聴者から批判の声が相次ぎ、怒りの声はSNSなどで海外にも広まったという。

SBS側は批判を受け速やかに謝罪を表明、「該当のコーナーの内容を慎重に検討できなかった」として、インターネットで公開していた動画を削除した。

これで騒動は沈静化するかにみえたが、番組放送翌日の20日には、韓国で活動するオーストラリア出身のタレント、セム・ヘミントンから批判の声が上がった。ヘミントンは自身のSNSで「本当に情けない。こんなとんでもない行動をいったいいつまでやるつもりだ?人種をそうやってからかうのがおかしいか?以前、お笑い番組に関わっていた一人として恥ずかしい」と表明した。

そして今度は、この投稿に対して韓国のお笑い芸人ファン・ヒョニから反論が投げ掛けられた。ファン・ヒョニは22日、自身のフェイスブックで「単純に扮装した姿をもって黒人卑下とすれば、ヨングやメング(共に『おばかキャラ』として描かれるドラマの登場人物)は自閉症の子どもに対する卑下と解釈されかねない」と指摘、「セムさんの言い方は間違っている」「情けないという表現は適切ではない」などと反論した。

論争は韓国のネットユーザーにも広がり、報道記事には5000を超えるコメントが寄せられているが、一般ユーザーの間ではヘミントン派が大勢のようだ。「人種差別は、誰かが少しでもそう感じたら差別なんだ」「欧州ではサッカー場にバナナを投げただけで人種差別になるのを知らないのか?」「昔とは時代が違うからね。これは外国人が見たら差別と思うはず」「韓国人は、外国人が目を細めて見せるとばかにされたと騒ぐくせに」などの声が多数の共感を得た。

また、ヘミントンに反論したファン・ヒョニに対しては、「まだ何が問題なのか分かってないのか?」「いまだに韓国のお笑い芸人のレベルが低いということだ」「外国人よりも常識なしだ。顔も見たくない」「ファン・ヒョニは無知だからか、ずいぶん勇敢だな」など厳しい批判が相次いでいる。(翻訳・編集/吉金)