2016年9月、韓国ソウルで、北朝鮮が5回目の核実験を実行したと報じる韓国メディアを映すスクリーン、満面の笑みを浮かべる金正恩・朝鮮労働党委員長(GettyImages)

写真拡大

 北朝鮮が6回目の核実験に踏み切るのではないかと予測され、国際社会に緊張が走っている。だが北朝鮮情勢を分析する時、中国との関係を考慮せずに北朝鮮の単独行動として理解するならば、それは大きな誤りだ。

中国と北朝鮮の「演出」

 地政上において、中国は北朝鮮と密接な協力関係を築いてきた。具体的には、中国は北朝鮮を軍事的・経済的に支援する代わりに、中国国内で何か不都合な問題が生じた時に、北朝鮮に「緊迫した情勢」を演出させていた。北朝鮮でミサイル発射実験など緊迫した状況を作り出せば、中国は例えば臓器狩りといった人権問題に対する国際社会からの注目や非難をそらすことができるからだ。

 中国は、北朝鮮問題において国際社会で常に「調停者」「パイプ役」としての役割を担ってきたように見えるが、それは表向きのこと。実は北朝鮮問題とは、中国と北朝鮮の双方で立てたシナリオに沿って行われてきた「演出」だったというのが正しい。言い換えれば、北朝鮮の「有事」は、常に中国情勢とリンクしている。

金一族の独裁政権 擁護してきたのは中国の江沢民派 

 北朝鮮で金政権が長期にわたり存続してこられたのは、長年、中国共産党政権とこうした協力体制を取り、中国から全面的な庇護を受けてきたからだ。江沢民氏はその在任中に北朝鮮支援を積極的に進めたため、ここ数十年間、金政権は実質的に江沢民派のコントロール下に置かれている。実際に、江派の周永康氏、曽慶紅氏、張徳江氏、劉雲山氏が金ファミリーと密接な関係を築き、北朝鮮に対し、核開発を含む軍事支援も密かに行ってきたことが、これまでの報道から明らかになっている。

 だが、習近平国家主席が中国の最高指導者に就任して以来、中国と北朝鮮の関係が冷え込む一方だ。これも、北朝鮮を支援してきたのが江沢民派だったこと、そして江沢民派と習政権が対立していることを考えれば自明のことだ。習近平国家主席は明らかに、一貫して北朝鮮に対し距離を置いている。習主席は歴代の指導者と違い、主席に就任してから5年が過ぎても、未だに金正恩氏と会談すら行っていない。これは両国間の歴史を考えると、極めて異常なことだ。

 北朝鮮が過去に行った5回の核実験は、いずれも中国高層にある政治闘争が激化したタイミングで行われており、その陰には、常に臓器狩りなど一連の法輪功弾圧問題があった。つまり、千万単位の人の殺りくに係わる世紀の冤罪である法輪功弾圧の責任追及から逃れるために、弾圧を主導する江派勢力と弾圧に消極的な勢力(胡錦涛・習近平陣営)との生きるか死ぬかのし烈な攻防が繰り広げられているのだ。

北朝鮮の核実験 ターゲットは習近平政権か

 こうした中で行われる北朝鮮の核実験とは、どのような意味を持っているのだろうか。

 実は、今の情勢においては、北朝鮮の核実験は、米国や日韓などの同盟国、西側諸国ではなく、中国の現政権をターゲットにしている。

2016年9月、北朝鮮が核実験を行ったことについて伝える韓国メディア(GettyImages)

 考えても見てほしい。前述したとおり、金正恩政権は江沢民派の傀儡だ。つまり、北朝鮮は習政権と対立する立場にある。そして北朝鮮の核実験場は中国との国境からわずか100キロメートルの場所に位置している。

 北朝鮮の核の脅威にもっともさらされているのは、韓国でも、日本でも、アメリカでもなく、すぐ隣の中国なのだ。核ミサイルが実際に発射されなくとも、例えば北朝鮮の核実験場で何らかの「事故」が起きた場合、放射能で汚染されるのは中国東北部だ。

 こうしたことから考えると、今の北朝鮮の核実験が、習政権に対する江派からの報復であり、脅しであることは明らかだ。「我々はいつでも北朝鮮の核を切り札に用いることができる」という江派の意思表示だ。

 以下で、中国国内で起きた胡習vs江の政治闘争と、北朝鮮が行った核実験を時系列で説明する。胡習VS江の政治闘争と、北朝鮮の核実験がリンクしていることが分かるはずだ。

第1回から第5回実験までの北核実験と中国国内事情

2006年10月、北朝鮮がはじめて核実験を行った。写真は中朝国境で入国する者の手荷物検査をする北朝鮮警備兵(Getty Images)
 

第1回目核実験と、胡錦濤暗殺未遂事件と江派・陳良宇氏の罷免

 2006年3月9日、瀋陽市蘇家屯区で中国当局が生きている法輪功学習者から臓器を摘出していることが世界中に報じられた。

 4月、胡錦涛国家主席(当時)が訪米した際に、法輪功学習者の女性ジャーナリスト・王文怡氏が、ホワイトハウスで記者会見を行うブッシュ大統領(当時)と胡錦濤氏に対し、法輪功の弾圧をやめるよう叫んだ。同時に、多数の法輪功学習者が犠牲になっているという、中国の強制臓器摘出問題について注目させた。

 5月上旬、北海艦隊の視察のためにミサイル駆逐艦に乗船し黄海を航行していた胡錦濤氏が、軍艦2隻による暗殺未遂に見舞われたことが香港メディアにより報じられた。

 6月中旬、胡錦濤氏は、江沢民氏が次期後継者に指名しようとしている人物、上海市委書記の陳良宇氏について内部調査するように命じた。9月24日、陳良宇氏は社会保障基金を私的に流用した罪に問われ、罷免された(上海市保健基金事件)。陳良宇氏の失脚は江派勢力にとって大打撃であった。

 10月、北朝鮮が第1回目核実験を行った。

2回目核実験と、2度目の胡錦濤暗殺未遂事件

 09年4月23日、青島で中国海軍による海上パレードが行われた。この時、中国海軍だけでなく世界五大陸から29か国の海軍代表団と、14か国から21隻の艦艇が青島に集結していた。この海上パレードが始まる直前に、江派が計画していた胡錦涛暗殺計画が漏れて、犯人が逮捕された。

 5月25日、北朝鮮が2回目の核実験を行った。

3回目核実験と、習主席の「憲法夢」構想、労働教養制度の廃止

 12年11月、習主席が18大で正式に最高指導者となり、12月には「憲法夢」が打ち出された。中国ではこれまで憲法よりも党法規が優先されてきたが、これからは憲法を上位に据え、真の意味での法治国家を目指したいと習主席が宣言した。

 13年1月7日、習政権は全国人民代表大会常委会で承認後、労働教養制度(強制労働による囚人の再教育制度)を停止すると発表した。

 労働教養制度は、いかなる司法手続きも通さず、一般人を思うままに収監することができる施設として、中国共産党政法委の「無法地帯」として機能している。そこで起こることには法律も及ばないため、中では想像を絶するほどの拷問や殺害が日々行われている。

 また労教所は政法委の収入源としても位置付けられている。収容者を奴隷のように使役し、人間の体力の限界を超える過酷な労働を強いることで、コストをかけずに生産活動を行えるため、政法系統はここから巨額の利益を得ているとされる。

 つまり、労教所は、江沢民氏による法輪功迫害政策で拘束した学習者の収監施設として、また彼らを拷問・虐待し、金づるにするための主な施設として機能していた。習主席は、この労教所を閉鎖すると決定した。

 2月12日、北朝鮮が3回目の核実験を行った。

4回目核実験と、習主席の「太上皇」批判

 15年12月末、中国国内で「大量虐殺座罪」などの容疑で江沢民氏を起訴した国民の数は20万人を超えた。

 16年1月1日、中国国営出版社が習主席の最新刊を出版し、習主席が「太上皇(政権を裏から操る者。江沢民氏を指す)」批判を行ったことが初めて明らかになった。これにより、「トラ狩り(腐敗官僚の撲滅)」の最終目標が江沢民氏であることも明確にされた。

 1月6日 北朝鮮が4回目核実験を行った。

5回目核実験と、北朝鮮への核開発技術流出疑惑による中国人女性企業家の逮捕

 16年8月、北朝鮮に対し核開発関連物資などを輸出した疑いで、企業グループ遼寧鴻祥集団代表・馬暁紅氏が逮捕された。

 中南海に近い人物によると、馬暁紅氏は江派常委・張徳江(序列3位)の愛人でスパイとして諜報活動も行っていたほか、江派幹部や北朝鮮上層部と「きわめて深い関係」にあり、張徳江と北朝鮮側とを結ぶかなめの役割を担っていた。江派は北朝鮮を支援する際、中連部(中国共産党中央対外連絡部)を通じて馬暁紅氏に行わせていた。つまり、習政権は馬紅暁氏を逮捕することにより、江派の北朝鮮支援の重要なパイプの1つを切断した。

 9月9日、北朝鮮は、これまでで最大規模となった5回目の核実験を行った。

(翻訳編集・島津彰浩)