中国海軍の創設から68年目を迎える23日、ミサイル駆逐艦「長春」、ミサイル護衛艦「荊州」、総合補給艦「巣湖」からなる遠洋航行訪問艦隊が上海・黄浦江畔を出航した。

写真拡大

中国海軍の創設から68年目を迎える23日、ミサイル駆逐艦「長春」、ミサイル護衛艦「荊州」、総合補給艦「巣湖」からなる遠洋航行訪問艦隊が上海・黄浦江畔を出航した。人民日報が伝えた。

【その他の写真】

180日近くかけてアジア、欧州、アフリカ、オセアニアの計20数カ国を訪問する。中国海軍の歴史において訪問国最多、訪問期間最長の遠洋航行訪問だ。(提供/人民網日本語版・編集NA)