SISTAR ダソム、ドラマ「姉は生きている」ビハインドカットが公開“桜に負けない美しい笑顔”

写真拡大

SISTARのダソムが明るい笑顔でラブリーな魅力を届けた。

24日、所属事務所のキングコング by STARSHIPはSBSドラマ「姉は生きている」(脚本:キム・スノク、演出:チェ・ヨンフン) でヤン・ダルヒ役を務めるダソムのビハインドカットを公開した。

公開された写真でダソムはイ・ジフン(ソル・ギチャン役) に抱きしめられ、切なく複雑な表情を見せ、視線を集中させた。

続く写真でダソムは桜の花が散る中、カメラに向かって笑顔を見せ、爽やかな魅力をアピールした。特に澄んだ瞳は実際に目が合ったような錯覚まで呼び起こした。

同日の撮影は桜の花が満開の公園で行われた。撮影中ダソムはイ・ジフンとともにリハーサルを行ったのはもちろん、撮影の間の休憩時間にも会話をするなどロマンチックな雰囲気を演出したという。

ダソムは「姉は生きている」で富裕層の末っ子娘のように見えるが、一生を貧しく生きたヤン・ダルヒ役を演じる。ダソムは第1話で安定した演技力で憤りや無念さなど多彩な感情を演じきって期待を高めた。

他にもダソムは第3話、第4話で本格的な悪行の始まりを告げ、ドラマにスリル溢れる緊張感を与えた。ダソム流の悪女、ヤン・ダルヒがどのように描かれるか、関心が集まっている。

「姉は生きている」は、同じ日、同じ時に最も愛する人を失った、力もなくお金もなく、頼れるところのない3人の女性たちの自立成長期を描いたドラマで、韓国で毎週土曜夜8時45分に放送されている。