シティを退けたヴェンゲル「サンチェスはチームそのものだった」「彼は残る。契約がまだ残っている」

写真拡大

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の残留を主張した。『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽23日にFAカップ準決勝のマンチェスター・シティ戦が行われ、延長戦の末、サンチェスの決勝点で競り勝ったアーセナル。試合後の会見で、ヴェンゲル監督は試合を振り返ると共に、度々報道される同選手の移籍話を一蹴した。

「アレクシス・サンチェスがチームそのものみたいだったね。試合の入りは良くなかった。だが、段々と強く、強くなっていったよ。彼はアニマルだよ。いつでも相手を倒す準備ができている。彼は決して諦めないんだ」

「来年もここにいるだろう。契約が残っているからね。そして我々は、何とか彼との契約を延長できるはずさ」