写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スフィロは、同社が販売するスマートトイ「BB-8 by スフィロ」において実装している機能「一緒に映画をみよう」において、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」への対応を発表した。

この「一緒に映画をみよう」機能は、先行して「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に対応していて、作品を視聴しながら、隣にBB-8 by スフィロを置いておくと、さまざまなシーンでさまざまなリアクションを示してくれるというもの。

「一緒に映画をみよう」機能を利用するにはBB-8 by スフィロとスフィロ専用アプリ(iOS/Android版)、デジタル配信版および、MovieNEX(ブルーレイ/DVD /デジタルコピー)の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」または「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が必要となっている。

BB-8 by スフィロは「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するキャラクター、K-2SOの言うことに笑い、ダース・ベイダーがバクタ・タンクに浸かっている姿に興味を示すなど、映画のシーンに合わせて反応し、動いたり、声を出したりして感情を表現するとのことだ。さらに、映画の登場人物について情報が書かれた13のカードがアプリにポップアップされ、楽しみ方も増えている。