【ビデオ】総製作費は約280万円超!? ゲーム・マニアが自作した超本格レーシング・シミュレーター

写真拡大

レーシング・シミュレーターといえば、レース・ゲーム好きには憧れの的ではないだろうか。今回は、YouTubeで「MACHKUN1」というアカウントを持つ韓国人の青年が、資金を惜しみなく投入して作り上げた超本格的レーシング・シミュレーターでラリー・ゲームをプレイする動画をご紹介しよう。

この青年は、Oculus(オキュラス)社製のVRヘッドセット「Rift(リフト)」を装着。R-Craft社製6軸モーションベースを使用したレーシング・シミュレーターには、SimXperience社のステアリング・システム「Accuforce pro」をはじめ、Heusinkveld Engineering社の「Sim Pedals Ultimate」ペダル・セット、SimworX社のシフター「Pro Series Sequential Shifter」、DSD社のハンドブレーキ「Type 3 Hydraulic Handbrake」 など、本格的な周辺機器が装備されている。このシミュレーターの製作費用の総額は推定2万5,000ドル(約280万円)。中でも最も高額と思われるのは、やはり多軸モーションベースだろう。

この6軸モーション・シミュレーターにより、クルマの繊細な動きまで忠実に再現され、さらにVRを装着することで究極の没入感を得ることができる。ちなみに動画で彼がプレイしているのは、VR対応のラリーゲーム『DiRT Rally』。コドライバーのペースノートに合わせて、マシンを操る動作は本物のレーサーさながらだ。

彼が投じた金額は中古のラリーカーが買えるほどだが、これならタイヤや燃料も要らないし、ドリフトをしくじっても、骨折する心配はない。



By Autoblog Staff

翻訳:日本映像翻訳アカデミー