筋肉番長同士でスピンオフ! ジェイソン・ステイサムとドウェイン・ジョンソン
 - Alberto E. Rodriguez / Getty Images

写真拡大

 人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズから、ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムの主演コンビによるスピンオフ映画が製作される見込みだとDeadlineが独占で報じた。

 シリーズ第8弾となる最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(日本公開4月28日)の興行収入が、全世界歴代オープニング記録第1位の大ヒットとなったばかりの同シリーズ。同作から続く3部作でシリーズは完結する予定だが、製作・配給の米ユニバーサル・ピクチャーズは、ヴィン・ディーゼル演じる主人公ドミニクの仲間たちにスポットをあてた前日譚(たん)やスピンオフで独自のユニバースを展開する予定だと報じられている。

 今回のスピンオフ企画は、ドウェインの演じるホブス捜査官と、『ICE BREAK』でホブスと手を組むことになる、ジェイソンの演じる犯罪者デッカード・ショウという、立場は違えども、ドミニクたちと敵対する役どころとして、シリーズに途中参加した2人がコンビを組む作品になるとのこと。情報筋によると、現在はまだ構想段階だが、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』からシリーズに携わるクリス・モーガンが脚本を手掛けるという。

 長年続いてきた同シリーズについては、昨年からヴィンとドウェインの間に生じた確執が話題に。この件に関連して The Wrap では、『ICE BREAK』のラストに、ホブスとデッカードのスピンオフを予感させる映像が入るはずだったが、プロデューサーにも名を連ねるヴィンがカットさせたと報じている。現在ホブスはドミニクに並ぶ人気を得ているだけに、今回のスピンオフには、対立する2人に距離を置かせたうえで、シリーズを持続させようというスタジオ側の思惑も関与している可能性が考えられる。(編集部・入倉功一)