美人なのにモテない!男性から敬遠される”残念な美人”にありがちな特徴5選

写真拡大

自他ともに認める美人なのに、モテない女性がいます。
周囲の人からモテないことを不思議がられ、本人も悩んでいる女性。
実はちゃんと理由があったんです。

●(1)上から目線で、話をしがち

『上から目線の女性と一緒にいるのは苦痛です。外れくじ引いたなって思いますね』(27歳/証券)

美人なのにモテない女性は、上から目線で話をしがちです。
美人は自分自身を美人だと分かっていて、男性からチヤホヤし慣れています。
大事にされるのが当たり前になっているので、ついつい鼻についた言動をしがち。

いくら美人でも高圧的な行動をとっていたら、男性から「とっつきにくい人」という印象を与えかねません。
外見重視の男性でも、一緒にいて苦痛な女性 は選びません。
それよりは、ルックスは劣っていても愛嬌があって一緒にいて楽しい女性を選ぶのです。

●(2)プライドが高い

『プライドが高い女ってめんどくさいですよね、そういう人に限って何もできない』(31歳/商社)

プライドが高い女性は、自分に非があっても謝ることができません。
相手の立場に立って、物事を考えようとしないので他人と衝突しやすい のが特徴。
例え美人でもプライドが高ければ、男性からは「面倒くさい奴だな」という印象を持たれ避けられます。

●(3)尽くしてもらうのが当たり前

『してもらって当たり前なスタンスの人に、何かしてあげようとはとてもじゃないが思えません』(26歳/広告)

残念な美人は男性にチヤホヤされるのが当たり前になっています。
ご飯をご馳走になっても、ご馳走になるのが当たり前なので「ありがとう」が言えない。
終始一貫して、受け身な姿勢だと一緒にいる男性は疲れてしまいます。

「尽くしてもらって当たり前」の人間に尽くそうという男性は正直いません。
なぜなら、尽くしがいがない からです。
お礼が言えない美人は誰からも尽くしてもらえなくなってから、初めてありがたみに気づきます。

●(4)自分の物差しでしか物事を考えられない

『口を開けば自分の話ばかり。ぼくはもう頷き疲れました』(29歳/IT)

今まで他人に合わせてもらってばかりだった残念な美人は、自分が他人に合わせることができません。
例えば、自分の話ばかりして相手の話は一切聞かないとか自分の意に沿わないことがあるとすぐダメ出しをします。
どれだけ優しい男性でも、終始自分の話ばかりする女性と一緒にいるのは苦痛でしかありません。

しかも、自分の話が多い女性に限って「あの男との会話はつまらない」と男性をマウンティングしがち。
まずは相手の話を傾聴する ことを心がけましょう。

●(5)自分の容姿に依存しがち
『残念なアラサー美人を知ってるよ。若さだけでチヤホヤされてきた女って、年をとったら悲惨だよね。肌は衰えるばかりなのに頭の中は幼稚なままなんだもん』(34歳/メーカー)

残念な美人は、自分が美人なことを自覚し男性は「美人が大好き」ということも知っています。
ですが、容姿と若さはどんどん失われていくもの。
過去の成功体験に溺れて、自分磨きを怠ればいつかその魅力は枯れて しまいます。

----------

(文/恋愛jp編集部)