【詳細】他の写真はこちら

落ち着いた色合いでスポーツ以外のシーンにもマッチしそう。

ナイキは限定版スマートウォッチ『Apple Watch NikeLab』を2017年4月27日より販売開始すると発表しました。「ニュートラルトーン」と呼ばれるカラーリングでまとめられた本モデルは、NIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5ならびにNIKELAB取り扱い店、そして伊勢丹 新宿店の「Apple Watch at Isetan Shinjuku」にて限定販売されます。価格は38mmモデルが4万824円(税込)、42mmモデルが4万4064円(税込)です。

限定バンドがクール!





2016年9月に発表された『Apple Watch Series 2(関連記事)』と同時に、アップルとのコラボレーションで誕生した『Apple Watch Nike+』。本モデルはその新デザイン版に相当し、ライトボーン/ブラックカラーのバンドを装備。スペースグレー色の『Apple Watch Series 2』の本体とあいまって、なんともシックな装いです。これならエクササイズの最中以外にも、オフィスなどでも普通に使えそうですね。

バンドの内側には「Innovation x Innovators」のロゴをさり気なく配置。またバンドに開けられた穴は本体の軽量化、さらには通気性の向上をも担っているんです。

GPSやラン向けアプリなど、便利さはそのままに





また『Apple Watch Nike+』と同じく、本モデルもGPSを内蔵。iPhoneを持ち歩かなくてもランニングのペースや距離、ルートが測定可能です。さらに「Nike+ Run Club」アプリケーションによるガイドや専用のSiriコマンドなど、エクササイズを楽しく、そして快適にする仕組みが組み込まれています。それ以外にも、専用デザインの文字盤も搭載。時刻とランニングのデータ、活動量などの情報がひと目で把握できます。

春が訪れ、気温も暖かくなった今はランニングに絶好の季節。新デザインの『Apple Watch NikeLab』とともに、健康な生活習慣をスタートするのもよさそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



『Apple Watch NikeLab』製品ページ

関連記事



新型iPad、真っ赤なiPhone 7、Apple Watch新色バンド…2017春・アップル新製品まとめ

バッグにも取り付けOK! まさにモバイルなバッテリー内蔵Apple Watch充電器

上腕に巻き付ける専用バンドで、ジムでもApple Watchをフル活用できる!?