ドイツ在住のパトリックさんは、地下鉄の車内で信じられないものを目撃しました。なんと茶トラの猫がスヤスヤと座席の上でお昼寝していたのです。

その光景になごんだパトリックさんでしたが、同時に不安を覚えました。
・人間に慣れているので飼い猫である可能性が高い。
・散歩の途中で乗り込んでしまったのなら、自力で帰るのは絶望的である。

そこで飼い主や心当たりのある人がいないか、SNSで呼びかけることにしたのです。

 

Ginger Cat Saunters Into Subway Train to Take a Nap.


場所はドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州の地下鉄。パトリックさんが乗り込むと、猫が座席2つを贅沢に占有して、ぐっすりと眠っていました。


「隣をごめんよ」と奥につめてもらっても、あいかわらず熟睡を続ける猫。

パトリックさんはFacebookに写真を投稿し、
「この猫が行方不明になった人はいませんか? 心当たりがある人は地下鉄S1線に連絡してください」と呼びかけました。

すると数万人によってシェアされ、情報は瞬く間に拡散されたのです。

猫はいったん動物保護施設に預けられましたが……その甲斐あって、飼い主さんが見つかったとのこと!

[画像を見る]
無事に帰宅した猫。

[画像を見る]
本人(猫)は何事もなかったかのように、いつも通り元気に過ごしているとのことです。

もし男性が投稿をしていなかったら、迷子のまま帰宅できずにいたかもしれません。

SNSが有効活用された事例となりました。

【「猫が電車で昼寝をしてる、このままだと迷子になるのでは?」→SNSで呼びかけた結果…飼い主が見つかった!】を全て見る