佐々木希と窪田正孝の生ラブシーンに渡部建も嫉妬!?

写真拡大

 窪田正孝と、先日アンジャッシュ渡部建との結婚を発表したばかりの佐々木希が24日、都内で行われた「『ラストコップ』プロジェクト・ファイナル祭り」に登壇し、生ラブシーンを披露してファンを悶絶させた。

 「ラストコップ」は、30年の昏睡(こんすい)から復活した昭和の肉食系刑事・京極浩介(唐沢寿明)と、今どきの草食系刑事・望月亮太(窪田)がバディとなって事件を追うアクションドラマで、これまで配信、地上波ドラマ、映画が制作されてきた。

 地上波ドラマ最終回の生放送部分におけるキャスト陣の暴れっぷりが「カオス回」として話題となった本作。この日は映画の完成を記念して、唐沢、窪田、佐々木、和久井映見、竹内涼真、松尾諭、桜井日奈子、武田玲奈、マギー、宮川一朗太が集結し、約200人の観客の前で生ドラマを披露した。

 劇中で佐々木は亮太の恋人・結衣を演じており、2人仲良く登場すると、窪田は「ゆーいちゃん」「ちゃんゆい!」と甘い声で名前を連呼し、佐々木も「亮太くん!」と可愛く答えるアツアツぶり。窪田が佐々木の顎に手をかけると会場には黄色い悲鳴が上がり、そのままキスシーンの流れになると、さらなる絶叫が響き渡った。その後、唇が重なるか重ならないかのところで窪田を突き放した佐々木は、「勤務時間でしょうが!」と窪田をハリセンではたいたり、お尻をゴムバットで叩くなどのドSなお仕置きで会場を盛り上げた。

 上演後、劇場版ゲストキャストの加藤雅也、吉沢亮も加わってトークを展開。窪田は「(ドラマの)最終回を思い出しました」とこの日の感想を漏らし、「『ラストコップ』の舞台化みたいで、新鮮でいい緊張感を味わえました」と楽しんだ様子を見せて笑っていた。

 一方、激しいアクションを披露し、そのせいか台詞の中のタイトルを噛むという失態を犯した唐沢は、「何度も生でやらせやがって。酷い目に遭いました……」と苦笑い。しかし、映画については「冒頭はまたこいつらやっているな……というくだらないことの連続なんですけど、ずっと観ているとシリアスな展開にはまり込んで、最後は号泣してしまう不思議な(作品です)」と説明。「劇場でお会いしましょう」と笑顔で呼びかけていた。(取材/錦怜那)

『ラストコップ THE MOVIE』は5月3日より全国公開