写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンはミラーレスカメラ「EOS M6」の発売に合わせ、東京都の渋谷ロフト2階 渋谷シティラウンジにおいて「EOS M6 CAFE」をオープンした。4月20日から5月18日までの期間限定となり、営業時間は11時〜23時(ラストオーダー22時)だ。EOS M6のタッチ&トライコーナーも用意されている。内覧会で報道関係者に公開されたカフェ内の様子をレポートしよう。

EOS M6 CAFEでは、EOS M6の製品キャッチである「6senses」にかけて、6人のファッショニスタが「カメラ×ファッション」をテーマにプライベート写真をカフェ内に展示している。EOS M6を通して、6人それぞれの個性あふれるライフスタイルが、訪れた人に刺激を与えてくれる内容だ

店内中央のタッチ&トライコーナーには新製品のEOS M6が置かれ、誰もが気軽に試せる。EOS M6 CAFEがオープンしている間は説明員が常駐しており、操作の仕方や新しい機能について、わからないことがあってもすぐに聞くことができる。

オープンにあたり、キヤノンマーケティングジャパン イメージコミュニケーション企画本部 本部長である相川弘文氏は、「EOS M6は感性に触れるミラーレスカメラとして、モノづくりをしてまいりました。かなり完成度の高いカメラになっていると思います」と語る。

EOS M6の特徴である「フューチャー・クラシック・デザイン」についても触れ、先進的な機能を搭載しながらも、クラシカルな魅力を放つボディデザインであると強調した。

今回、なぜ渋谷にこのようなカフェをオープンしたかについては、「カメラ」に対する印象が弱いスマホ世代や客層にも、EOS M6を使ったもらいたいということだ。

○6人のファッショニスタ

■三好良氏 :中目黒にある人気セレクトショップ「1LDK」のディレクター。

■横町健氏 :anea design 代表・Botanizeのディレクターで、アネアカフェを3店舗運営する。塊根植物収集の趣味が高じてプランツのセレクトショップもオープン。

■安武俊宏氏 :BEAMS メンズ プレス所属。メンズドレス、デザイナーズなどのPRや書籍『BEAMS AT HOME』シリーズを担当。

■三浦由貴氏 :GMT inc. プレス所属。世界中からシューズを集めて販売するシューズインポーターのプレス。

■田中博教氏 :ザ・ノース・フェイス プロモーション所属。商品企画やプロモーションに携わる。アウトドアで撮影するのが趣味。

■原田学氏 :数多くのファッション雑誌やタレントのスタイリングなどを手がけるスタイリスト。ヴィンテージやアンティークものに造詣が深い。

トークショーでは、上記の6人がEOS M6を使った感想を思い思いに語った。三好氏はカメラとファッションについて「目立たないのでさりげなくカメラを持てる。何にでも合わせられるのがいい」と述べ、横町氏は性能について「植物の写真を単焦点レンズでよく撮るのですが、とにかく画質がいい。展示されている写真パネル、展示が終わったら欲しいです!」と会場を笑わせた。

安武氏は「クラシックと新しいものを掛け合わせたものが自分のスタイルであり、EOS M6はとても相性がいい。タッチパネルでAF操作ができるのもとても便利です」と語り、三浦氏は「画質がいいので展示会の素材撮影に使えて、趣味のキャンプや釣りでもいい写真が撮れるのでテンションが上がります」と、カメラの性能についても満足している様子だった。

EOS 5D Mark IIを愛用しているという田中氏は「EOS M6で-10℃以下の知床半島で撮影しましたが、厳しい環境下でもタッチパネルの感度が良く、マニュアル撮影でも非常に操作しやすかったです。それと手に持ったときのフィット感が素晴らしいので、愛用できるカメラです」と、タフな環境における信頼性や操作性についても申し分ないと話した。

アンティーク好きとして知られている原田氏は「昔のカメラといったデザインが非常に気に入りました。機能が素晴らしくても、ずっと使い続けるカメラは気に入ったものでないと持ちたくないですから。これなら5年、10年経っても愛着持って使えるカメラだと思います」と、クラシカルなデザインのEOS M6にご満悦だった。

EOS M6 CAFEでは、オープン期間中、EOS M6のボディカラーをイメージしたオリジナルメニュー「和牛ブラックカレー」を提供する。ビーフは宮崎県産の黒毛和牛「尾崎牛」の赤身を使用しており、黒ゴマペーストとイカスミを入れることで艶のあるブラックを表現している。ミニサラダと1ドリンク付きで税別1,000〜1,200円(平日の11時〜16時が1,000円、16時〜22時が1,200円、土日祝の11時〜22時が1,200円)。