外見で勝負しないで!! 大人の女性に“キュン”とくる瞬間とは?

写真拡大

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

“何歳からがもう女子ではないのだ?”と疑問に思っている女性も多いかもしれませんが、男性に言わせると「30すぎたら女子じゃねえ」と言った感じでしょうか(25という厳しい意見も)。

ただ「そんなことない!私まだ女子だもん」なんて語尾にハートマークを付けちゃうような三十路より、キッパリ「女子を卒業して女性として恥ずかしくない振舞いをしたい」と言う女性の方が魅力的に見えるのは事実。

そして“女子じゃなくて大人の女性の方が好き”という男性も確かに存在するのです。
そんな男性に大人の女性の魅力を聞いてみました。

●(1)小さなことを気にしない

『3つ年下の子と付き合っていた時は束縛は激しいし、嫉妬も当然。仕事が忙しくてもいつも“かまってちゃん”。でも年上の女性と付き合った時はむしろ心配になるぐらい放っておいてくれたので精神的には楽だった』(28歳/飲食)

大人の女性はある程度は恋愛経験も豊富。
LINEの返信が来ないと言って決して怒ったりせず“ああ仕事が忙しいのかな”と、相手から返事が来るまで待つことができます。これも今までの経験から“男性は恋愛より仕事が大事な時がある” って知っているから。

「会いたい」とか「寂しい」とか相手の状況によっては重いと思われるような“自分中心の要求”はほとんどしません(したら結局自滅の道へ進むということも理解できている)。

いつも相手の立場から恋愛をこなせるため、相手の負担にならず余計な喧嘩にもならないようスムーズに恋愛を進めることができるのも大人だからこそ。

●(2)経済的にも余裕がある

『年上は“割り勘でも当たり前”って思ってくれているから助かる。正直、デート代を毎回奢る余裕はないけど『割り勘で』とは言いづらい。年上の女性は何も言わずにサラッと割り勘、または奢ってくれるから男性のメンツもつぶれない』(30代男性/会社員)

大人の女性は社会的地位も確立してきて、経済的にも余裕がでてきます。
若い子の中では“お金は男性が払うもの”という観念にとらわれている女性も多いですが、大人の女性は“むしろ払ってもらう方が居心地悪い”と感じている人も。

払ってもらうことによって“返さなきゃ”と思うのが嫌なため、“それだったら自分で払った方がいい”と感じるのも理由の一つ。
そしてそう思えるのはやはり経済力がなせる技 。

●(3)大人ぶろうとしない

『若い子って子ども扱いされるのを嫌がって知らないことも知った風に話して、全く頓珍漢なこと言っていたり、『飲める』と言って吐いちゃったり。なんか背伸びしている感が疲れるけど、大人の女性は逆にすごく素直』(25歳/営業)

政治経済などの難しい話を振った時も、きちんと会話ができるのも大人の女性の魅力。

でももし知らなかったとしても若い子にありがちな“子ども扱いしないで!”と知ったかぶりの大人ぶった発言をしないのも真の大人だからこそ。

知らないことは知らないと素直に言え、知識を吸収する努力は怠らない、そういう知性と素直さを兼ね備えられる のはアラサー世代。
若い頃の尖った時期を過ごしたからこそ、丸くなれるということでしょう。

●(4)リードしてくれる

『忙しいとデートにどこに行こうか、とか考えるのも面倒だったりする。でも大人の女性はデートスポットも一通り知っているし、お任せ状態でも勝手にデートが進むし、楽しい』(28歳/IT)

やはり男性が大人の女性に求めるのは“包容力”。
相手が年下、同年代だと“俺がリードしてあげないと”と躍起になって空回りしてしまうこともあるでしょうが、相手が年上となるとそんな心配もいりません。

何をするにもすでに経験していることの方が多く“あなた(女性)にお任せします”というスタンスで、ある程度の主導権を相手に握らせても全然問題ナシ。

変に無理せず自分のままで好きでいてくれる安心感は居心地がいいですよね。

----------

自分のそのままを受け入れてくれる存在に対して“優しさ”と同時に“かわいさ”を感じるのは外見だけの要因ではありません。

大人の女性にキュンとくる瞬間は、献身的であるからこそ。
外見で若い子と勝負しよう なんて、決して思ってはいけないのです(汗)。

いつもしっかりしているからこそ、たまに見せるドジな姿にキュンとくることも。
上手にかわいさと大人らしさを操れば“年上じゃないともう付き合えない”って思わせるのも可能なのです。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)