レクサスブランドから登場したプレミアムクーペ、LCの試乗会が開催されました。愛知県にあるLCの組み立て工場からスタート、京都までを試乗するというルートです。私は最初にハイブリッドのLC500h、途中で乗り換えピュアエンジンのLC500に試乗しました。

運転席のドアを開けてシートに身体をあずけるとゆったりとした雰囲気が伝わってきます。最近のレクサス車はインパクトのあるインテリアを目指しすぎているような感じがあって、車に乗り込むと不思議な空間が展開されたものですが、このLSに関してはある意味コンサバな雰囲気です。デザインがこなれてきたというか、こちらの見る目が馴れてきたというか……ずいぶん普通な感じになってきました。もちろん、高級感にあふれているのは言うまでもありません。整然としたステッチで彩られたレザーで構成されるインパネは、申し分のない高級感にあふれています。

LC500hのシステムを起動。当然、派手なエンジン音はなく、静かな状態での起動となります。ピュアエンジンのLC500についても、若干のエンジン音が出るだけで、いたって静かです。LC500のV8サウンドを聴いてやろうとブリッピングを試みましたが、これもできません。せっかくの5リットルV8エンジンなのですから、ある程度のお遊びはしてみたいと思うのが人情じゃないでしょうか。

高速道路でのハンドリングはじつに高級感にあふれていて気持ちのいいものです。いわゆるスポーツカーライクなガチガチのハンドリングではなく、グランドツーリングカーらしいゆったりとしつつも確実なものです。しっかりとサスペンションが動きながらも、ロードホールディングは文句なしにきっちりしています。LC500、LC500hともに21インチタイヤを装着していましたが、ハイブリッドのLC500hのほうが若干乗り心地がよかったように感じました。車重の差かもしれませんが、それはわずか60kgしかありませんので、微妙なところです。

今まで、国産車はクルーズコントロールの設定速度は114km/hまでしか設定できなかったのですが、レクサスLCはなんと180km/hまで設定できるようになりました(もちろん、180km/hで走行していいという話ではありません)。114km/h上限というのは自工会内での自主規制だったのですが、高速道路の法定速度アップを前にその自主規制を撤廃。レクサスLCが最初の例になったということでした。

レクサスLCはワインディングでも非常に気持ちのいい走りを示してくれました。レクサスLCの全幅は1920mmとかなり幅広ですが、タイトなコーナーが連続することが知られる奥比叡ドライブウェイでももてあますことはありませんでした。1000万円オーバーのクルマをワインディングで走らせるとかなり緊張するもの(私の場合は)ですが、今回はそうした緊張もなし、非常にリラックスした状態でLCを楽しむことができました。同じように1000万円を超えるNSXで六甲山を走ったときに感じた緊張感とはまるで別の感覚でした。NSXの緊張感は緊張感で心地よいものですが、クルマの性格の違いをまざまざと感じたという印象です。

 

今まで日本のクルマにはなかったジャンルを見事に開拓したレクサスLCはエポックメイキングなクルマであることは間違いありません。日本の自動車産業もついにここまで来たか! と感心させられる試乗となりました。

(諸星 陽一)

ACC設定も180km/hまでOK! ここまで来たか!!と感心させられる 日本のプレミアムカーに吹く新しい風【レクサスLC試乗】(http://clicccar.com/2017/04/24/466265/)