アニメやマンガの主人公になりきってツンデレ発言をすると、現実世界では“やりすぎ”だと見なされてしまいます。かといって、恥ずかしがって少し無愛想気味にやれば、なんだか高飛車で感じが悪い女子だという扱いになってしまうかもしれません。このように、ツンデレというのはさじ加減が難しく奥が深いもののようです。

彼氏が悶絶するツンデレ発言とは?

ツンデレ発言が好きな彼氏はもちろん、そこまでツンデレ女子によさを感じていない場合でも、同じくらい悶絶してしまう発言というのがあるらしいのです。ツンデレさを意識する……というよりも“オトコゴコロを上手にくすぐることを意識する”というところがミソなのだといえるかもしれません!

1. ソフトな束縛を狙うと、彼氏ウケ抜群!

「私のことだけ見てればいいのに!」とか「ほかのコなんて見ないでよ!」というように、ソフトながらもしっかりと束縛しちゃいましょう。普段は大人っぽいあなたが、急に“あなたは私の彼氏なんだから!”というような雰囲気で接してくるなんて、彼にとってはもはや悶絶しかありません。
そうはいっても、あくまで会話のなかにちょっとだけ束縛感を織り交ぜるといい……ぐらいのレベルで行うことがポイントになってきます! やりすぎると、ただの重い女になってしまうので注意と加減が必要です。

2. 本心とは真逆の発言をすると、彼氏ウケ抜群!

たとえば「手をつなぎたいなんて思ってないし!」などがよいでしょうか……。大人になると(子どものころと比べて)素直に感情を表現することが難しくなると感じている人も多いと思います。それはもう本当にその通りなのですが、ここではあえて(あなたの彼氏が、どんなに鈍いタイプだとしても)本心がわかるように発言をするのがポイントです。

3. 嬉しさを照れで隠すと彼氏ウケ抜群!

「もう! 人前で(手をつなぐ)なんて……ちょっと恥ずかしいじゃない!」というように、嬉しい気持ちや楽しい気持ちを照れたようにあわてて隠す姿は、それだけで男性をキュンキュンさせることができます。本能的に守りたい欲を持っている男性を、賢くトリコにしちゃうやり方ですね。う〜ん、これは作戦勝ちといえるかも!

ツンデレ発言には、高度なテクニックも余計な駆け引きも必要ありません。不意をついて彼の“ドキッ”を誘ってみれば、迫りくるマンネリを防ぐことができるかもしれませんよ。さあ! こうなったら、さっそくいつものデートにツンデレ発言をちょっとだけ織り交ぜてみてはいかがですか?