映画『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』ナチスの冷酷な高官暗殺事件を描いた緊迫のサスペンス

写真拡大

映画『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』が、2017年8月12日(土)より全国順次公開。

本作の基になったのは、ナチスNo.3の高官・ハイドリヒ暗殺作戦。第二次世界大戦直下の1942年、ナチスの脅威に怯えるチェコの街を舞台に、”金髪の野獣”と渾名された冷酷な男・ハイドリヒの暗殺を目論んだ2人の男の姿を描いた。襲撃の作戦から、実行、そして壮絶な逃走劇とナチスによる衝撃的な報復まで。強大な恐怖に立ち向かい、それによって大きく人生を歪められた2人の壮絶な運命に引き込まれる。

また本作の見所は、そのスリリングな展開だけでなく、2人の男それぞれが持つ異なった背景や心情だろう。男の1人であるヨゼフは、強い使命感を持ち、ストイックに計画遂行に打ち込む真面目な人柄。一方で、もう1人の男ヤンは、愛する女性との幸せな生活を夢見る、繊細な心の持ち主だ。その対照的とも言える2つの人物描写は、”戦争”や”命”という壮大な問題が孕む本作をより立体的でドラマチックなものにしてくれるだろう。

そんな使命感の強い男、ヨゼフ役を務めるのはキリアン・マーフィ。2017年9月に公開される映画『ダンケルク』をはじめ、実話を基にした作品に多く出演する彼の見せるリアルな演技に注目したい。そして、ヤンを演じるのは2017年6月公開の映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』で話題のジェイミー・ドーナン。その甘く端正な佇まいは、ヤンの繊細な男性像をより引き立ててくれるだろう。

■ストーリー
第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触 し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

【作品詳細】
『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(原題:Anthropoid)
公開日:2017年8月12日(土) 全国順次ロードショー
監督・脚本:ショーン・エリス
出演:キリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナン、ハリー・ロイド、シャルロット・ルボン、アンナ・ガイスレロヴァー
©2016 Project Anth LLC All Rights Reserved


[写真付きで読む]映画『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』ナチスの冷酷な高官暗殺事件を描いた緊迫のサスペンス

外部サイト

  • 映画『キング・アーサー』ガイ・リッチー監督最新作、ジュード・ロウが悪役に
  • 大丸心斎橋劇場、名作映画をフィルムで上映 -『ニュー・シネマ・パラダイス』など全14本をワンコインで
  • 映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』オプティマス・プライムが敵に?シリーズ新3部作の第1弾