窪塚洋介の妻PINKYのお祝いレシピは意外に古風だった

写真拡大

 夫婦間でちょっとしたお祝いをするというと、気取ったレストランで外食したり、ブランドスイーツを買ってきて楽しんだりするイメージがありますが、俳優の窪塚洋介さんの奥さんであるダンサーのPINKYさんは、見た目によらず意外と古風なお祝いの仕方をするようです。

 音楽活動を行う窪塚さんのアルバムが発売になったのをお祝いして、家で赤飯を炊いたことをブログで報告していました。しかもその赤飯、人からもらった麦飯と半分ずつの割合で炊いたそうで、とても美味だったそう。

 大麦食品推進協議会によると、麦飯に使われる大麦には「β-グルカン」という健康機能成分が豊富だそう。その健康機能は、食後血糖値を穏やかにしたり、血中コレステロールを正常化したりするほか、満腹感も持続させるなど効能いろいろ。 さらに、腸内の乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の増やす作用もあるそうです。

 PINKYさんのお祝いレシピには、ご主人様の健康管理の意味も込められていたのかもしれませんね。まるで昭和妻のようです。