写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は4月24日、同社が提供する「Yahoo!地図」アプリをお店や施設などのスポット検索機能と日本各地のタウン情報を充実させた新アプリ「Yahoo! MAP(ヤフー・マップ)」に全面刷新したと発表した。従来のYahoo!地図アプリの主要機能を引き継ぎつつ、地域情報サービス「Yahoo!ロコ」や行動支援型メディア「Yahoo!ライフマガジン」など、Yahoo! JAPANのさまざまなサービスと連携する。

Yahoo! MAPは、Yahoo!ロコに登録された全国約600万のお店、施設情報と地図を紐付け、地図上に表示される「ジャンルアイコン」から最短1タップで行きたいお店を探せる検索機能に加え、ユーザーが設定する任意エリアに関連したYahoo!ライフマガジンなどの記事により最新のタウン情報を提供する。

今回のリニューアルのポイントとして、地図から近くのお店や施設を簡単に検索できる機能性の高いデザインを挙げている。Yahoo! MAPのメイン機能である「地図」には、「グルメ」「カフェ」「コンビニ」などの施設情報を示す「ジャンルアイコン」を設置しており、アイコンをタップすると周辺のお店が写真とともに画面上部に表示される。

お店をタップすることで店舗情報やクチコミといった詳細な情報を閲覧でき、地図上に表示される「徒歩」「電車」などのナビゲーションアイコンをタップすると目的地までの最適な経路を案内。地図には時間帯により、最適な5つのジャンルアイコンを表示しているが、表示スペースを上に引き上げることで、4カテゴリー38ジャンルから、Yahoo!ロコに登録されている周辺の店舗を検索できるという。

また、日本各地のタウン情報やトレンド情報を発信するYahoo!ライフマガジンの記事のほか、良質な地域情報を毎日配信し、ユーザーが任意に設定したエリアに応じて、Yahoo!ライフマガジン編集部が作成した特集記事や情報提供メディアによる記事が配信されるため、自宅で記事を読んで外出のきっかけを作ったり、外出中に次に向かう場所のヒントを得たりすることを可能としている。

気になった記事は、記事中の「☆」ボタンを押すことで「お気に入り」に保存が可能で、読みたいときにいつでも読めるほか、記事リスト内にはYahoo!ロコなどが提供するチラシ・クーポン、イベント情報コーナーを設けており、設定エリア周辺のランチやディナーを楽しむことができるという。

さらに「道案内」機能は、「見やすく、分かりやすく」をコンセプトに、Yahoo!地図アプリから改良を加え、地図を読むことが苦手なユーザーを考慮し、地図上では道案内において最低限必要であるルート沿いにあるお店、施設名のみを表示。さらに、次のアクションを示す吹き出しには、目印として街のランドマーク名や具体的な店舗名などを表示し、分かりやすく正確な道案内を心がけており、地下鉄の出口を目立たせたり、有名なコンビニエンスストア、ファミリーレストランの看板アイコンを優先的に表示したりするなど、ユーザーを迷わせない工夫を施している。

加えて、従来のYahoo!地図アプリで、ユーザーから好評を得ている機能は、新アプリでも利用でき、最大6時間先までの雨雲の動きが分かる「雨雲レーダー」、エリアの混雑状況をヒートマップで確認できる「混雑レーダー」、スマートフォンの磁気センサーなどを利用し、地磁気から高精度な位置を特定する「屋内測位」(Android版のみ)は、継続して提供するという。

これにより、外出情報を収集するために、複数のアプリやブラウザサービスを使い分けることなく、1つのアプリで外出のきっかけ作りから行きたい場所の決定、実際の道案内まで、外出行動を総合的にサポートするとしている。

(岩井 健太)