写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東北大学は、同大学金属材料研究所(金研)・未来科学技術共同研究センター(NICHe)教授の吉川彰らが設立した企業「Piezo Studio(ピエゾスタジオ)」が、東北大学ベンチャーパートナーズからの出資を機に、高速起動ランガサイト振動子をはじめとする電子デバイスを順次製品化することを発表した。

Piezo Studioは、金研・NICHe、電気通信研究所、工学研究科(電気)が培ってきた研究基盤を民間企業の製造技術と融合し、革新的な製品を作ることを目的に平成26年に設立された企業。

このたび同社が開発し、製品化が決定した「ランガサイト振動子」は、低消費電力に必要な「高速起動」「小型」「低周波」を兼ね備えたデバイス。従来の水晶振動子に比して十分な温度特性を保ちつつ、1/10の起動時間と低周波化かつ小型化を実現しており、一般に周波数と消費電力は比例することから低消費電力化には低周波が有利とされ、消費電力低減が必須であるIoT機器、センサーネットワーク、車載機器、ロボットの産業機器に適しているという。

また、同社は東北大とのオープンイノベーションを技術基盤としつつ、地元企業におけるOEM生産体制を整え、世界と地域を繋ぐコネクターハブ企業として地域と共栄するビジネスモデルを採用しながら事業展開を進めていくという。今後の展開予定として、医療用薬剤送達デバイス、バイオセンサ、次世代通信に関わるピエゾ素子も順次製品化する予定とのことだ。

(早川厚志)