KBS側、金曜バラエティ廃止説を否定「定かではない…編成が決まったら発表する」

写真拡大

KBS側が金曜バラエティ番組編成の廃止説を否定した。

KBS側は24日「『お姉さんたちのスラムダンク2』は、2月発足当時から第16回まで計画されていた番組で、廃止ではなく予定していた最終回だ」とし、「『最高の一発』が『お姉さんたちのスラムダンク2』の後番組として編成を話し合っているが、まだ定かではない」と明らかにした。

これによると、「歌の戦い−勝負」の編成についても確定していない。KBS側は「近いうちに編成が確定すれば、公式に発表する」と述べた。

先日、KBS 2TV「お姉さんたちのスラムダンクシーズン2」が終わり、その後番組として新ドラマ「最高の一発」が編成されたと伝えられ、KBSの金曜バラエティ番組が廃止されるのではという噂が浮上した。