http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2017/04/1704424_Sumo-Back.jpg

写真拡大

ATOMOSは、モニター一体型レコーダーの新製品として「SUMO」を発表した。2017年第三四半期発売予定。希望小売価格は税込336,800円。

SUMOは、4K/60p映像のApple ProRes/Avid DNx収録に対応したSHOGUN INFERNOの基本性能を踏襲し、19型1200nitの1920×1080ドット高輝度HDR対応パネルを採用(キャリブレーション対応)した、モニター一体型レコーダー。パネルはフルHD解像度だが、4K映像の正確なフォーカスの確認を行なう拡大表示機能を搭載している。また、X-Rite i1 Display Proによるカラーキャリブレーションに対応。液晶パネルの経年変化を補正し、常に正確なRec.709モニターとして使用可能だという。

HDR撮影環境/グレーディング環境のモニタリングをサポートする、Atom HDRモードを搭載。Atom HDRモードは、HDR標準規格Rec.2100で規定されたHLG/PQガンマの入力にも対応。PQ/HLG映像のHDRモニタリングに加え、各社カメラからのLogガンマ映像を入力時に、リアルタイムにPQ/HLGへ変換出力を実現。12G SDI/クワッドリンクSDI(3Gx4)/HDMI2.0による4K/60p入力に対応しており、12G SDI/HDMI2.0の出力端子も装備し、常時変換出力するコンバーター機能も搭載している。SDI/HDMI間だけでなく、クワッドリンクから12G SDI変換も可能。

Canon C300 Mark II/C500、Panasonic VARICAM LT、Sony FS5/FS7/FS700の持つSDI RAW出力に対応。CinemaDNG RAW形式では、4K30pを最高3.2Gbpsのデータレートで保存する。Sony FS RAWでは、4K60p/2K240pのProRes/DNxHR収録に対応する(他は4K30p収録まで対応)。4ch HD 60pライブスイッチ/収録機能を搭載しており、3G SDIx4端子により独立したHDx4chの入力と同時収録に対応。さらに、ビデオ出力をライブスイッチングして選択したチャンネルをビデオ出力可能。チャンネル切替え時にクロスフェードさせることもできる。収録後の再生時もバックグラウンドで4ch同時に行ない、出力を任意にスイッチさせることも可能。

本体背面
※画像をクリックすると拡大します

その他にも、3D LUTファイル(.cube)を8つまでプリセットし、モニター画面、SDI/HDMI出力映像、ProRes/DNx収録映像それぞれに任意に適用可能。また、オーディオミキサーやXLRマイクからのアナログオーディオを別トラックとして収録可能。2ch独立したゲイン調整や、収録映像との同期を計るためのフレームディレイ機能などの収録機能を搭載。ラインレベルオーディオから、48Vファンタム電源マイクまでの入力ソースに対応。バッテリー運用時も運用を途切れさせることのないバッテリー切り替え機能により、Vバッテリー運用を想定した4ピンXLR電源入力を2系統装備。この2系統のバッテリーを、自動的に交互に切替えることでバッテリー交換時も連続稼働が可能。