VWゴルフGTI クラブスポーツを5秒以上も上まわるタイム!

ホンダは新型シビック タイプRが、ニュルブルクリンク北コースで、FF量産モデルの最速タイムを更新したと発表した。


タイムは7分43秒80で、先代のシビック タイプRが記録した7分50秒63を、6秒83更新したことになる。ちなみに先代シビック タイプRの記録を破り、最速の座を保持していたのはフォルクスワーゲン ゴルフGTIクラブスポーツで7分49秒21。その記録も大幅に超えたことになる。


新型シビック タイプRは、先代モデルよりもエンジンが進化。パワーは10馬力アップの320馬力、トルクは先代同様の400N・mというスペックだ。


さらに組み合わされる6速マニュアルトランスミッションをローギヤード化して加速性能を改善したという。

また、新たなプラットフォームの採用により捻り剛性を38%アップ、ボディの16kgもの軽量化、リヤサスペンションをトーションビームからマルチリンクに変更して路面追従性を向上するなど、運動性能が追求された。

新型ホンダ・シビック タイプRはドライブモードにコンフォートと追加するなど、こうしたサーキットのタイムだけでなく、一般道でのグランドツアラー性能もより向上したといいう。


日本、欧州、北米で、夏に発売予定というので、WEB CARTOPではこれからも追いかけていく予定。試乗インプレッションを楽しみにしてほしい。