ニュルブルクリンクFF最速タイムを記録した新型CIVIC TYPE R

写真拡大

Hondaは、ドイツのニュルブルクリンク北コースで、新型「CIVIC TYPE R」の最終的な性能評価のための走行テストを行い、FFモデルで最速となる、7分43秒80のラップタイムを記録したことを発表した。

【写真を見る】ニュルブルクリンクの名物コーナー「カルーセル」を駆けぬける新型シビック TYPE R

新型シビック TYPE Rは、先代モデルに対して「2.0L VTEC TURBO エンジン」の進化(最高出力320馬力、最大トルク400N・m)や6速マニュアルトランスミッションのローレシオ化によって加速性能を向上。加えて、新プラットフォームの採用し、ねじり剛性の大幅向上やボディーの軽量化を達成。マルチリンク式リアサスペンションの採用と相まって、ステアリングの応答性やコーナリング性能がさらに向上を果たし、運動性能が大幅に上がっているという。

今回の走行テストは量産前の最終開発車両で行われ、先代のシビック TYPE Rが記録したタイムを7秒近く更新。これはモデルチェンジによりシビック TYPE Rの運動性能がさらに向上したことを示すものだ。

新型シビック TYPE Rは、2017年夏より欧州と日本・北米を含む世界各国で販売される予定。ニュルブルクリンクでFF最速の走りをチェックしてみては。【東京ウォーカー】